FaceTimeにも対応

【更新】アップル、Retinaディスプレイ搭載の新「iPod touch」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月02日
アップルは、iPod touchの新モデルを発表した。出荷は来週から順次行われる。

新「iPod touch」

ラインナップは3機種で、内蔵フラッシュメモリーの容量が8GBのモデルが20,900円、32GBのモデルが27,800円、64GBのモデルが36,800円。

本体には3.5インチの「Retinaディスプレイ」を搭載。解像度は960×640ピクセルとiPhone 4のものと同じで、インチ当たりのピクセル数は326ppiとなっている。バックライトはLEDで24ビットカラー。ただし本ディスプレイはiPhone 4に搭載されているものとは異なり、IPS方式ではない。

新iPod touchとiPhone 4を比較。高さ方向が短いことが一目瞭然

下から見たところ。iPod touchが非常に薄型であることがわかる。画面の色調変化はiPhone 4に比べて大きい

また前面と背面にカメラを搭載し、背面のカメラでHD動画が撮影できるほか、Wi-Fi環境下で、動画と音声で通話できる「FaceTime」にも対応した。

「FaceTime」に対応

なお背面のカメラは、撮像素子はiPhone 4と同じ裏面照射型センサーとのことだが、iPhone 4は500万画素と公表しているのに対し、新iPod touchの画素数は公式にはアナウンスしていない。また、iPhone 4では、iOS 4.1にOSをアップデートするとHDR撮影が可能になるが、今回のiPod touchでは行えない。

なおiPod touchは、出荷当初からiOS 4.1を搭載。iOS 4.1の新機能である「Game Center」も利用できる。

「Game Center」も利用できる

内蔵のSoCはアップル独自開発の「A4」。無線LANはIEEE802.11b/gに加え、11n(2.4GHz帯のみ)にも対応する。

また動画再生は720pまでのH.264、VGAまでのMPEG-4、1,280×720ピクセルまでのモーションJPEGなどに対応している。

バッテリーはリチウムイオンで、音楽の場合は40時間、動画の場合は7時間の連続使用が可能。充電時間は80%の充電に2時間、フル充電に4時間が必要となる。

iPhone 4と比べ、非常に薄型かつ小型である点も特徴。外形寸法は58.9W×111.0H×7.2Dmm、質量は101g。イヤホンジャックは本体下部右側に装備。電源ボタンは本体右上、ボリュームボタンは本体左側面にそれぞれ配置している。また、本体背面はこれまでと同様鏡面仕上げとなっている。

本体下部にドック端子とイヤホンジャックなどを装備

背面はこれまで通り鏡面仕上げ


本体側面にボリュームボタンを装備

上部に電源スイッチを備える。少し分かりにくいが背面カメラも見える

関連リンク

関連記事