APS-Hサイズで世界最高画素

キヤノン、約1億2,000万画素のCMOSセンサーを開発 - フルHD動画出力にも対応

ファイル・ウェブ編集部
2010年08月24日

開発に成功したCMOセンサー
キヤノン(株)は、APS-Hサイズで世界最高となる約1億2,000万画素(13,280×9,184画素)のCMOSセンサーを開発した。

同センサーでは、同社が製品化している同サイズの最高画素数のCMOSセンサー(約1,610万画素)と比べ、約7.5倍にあたる約1億2,000万画素を有しており、解像度は2.4倍に向上。最高約9.5コマ/秒の超高速読み出しも実現している。

また、フルHD動画を出力する機能も装備。センサー画面全体のうち、約1/60の任意の領域をフルHD動画で出力することができる。

CMOSセンサーでは、多数の画素を高速に読み出すために並列処理を行う。並列処理する信号数が増加すると信号遅延やタイミングのわずかなズレが問題となるが、読み出し回路のタイミング制御方法を工夫することでセンサー信号を高速に読み出すことに成功したという。これにより、秒間最高約9.5コマという高速出力が可能になったという。

今回開発したCMOSセンサーを使えば、画面の一部だけを切り出すトリミングや、電子的に画像の一部を拡大する電子ズームなどを行っても、これまで以上に高精細で鮮明な画像を得ることができるようになる。 また、広い範囲を静止画で確認した上で、任意の領域を指定して、フルHD動画として見ることも可能だ。

関連リンク

関連記事