基本性能を向上

キヤノン、バリアングル液晶搭載のデジタル一眼レフ「EOS 60D」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年08月26日
キヤノンは、“EOSシリーズ”で初めてバリアングル液晶モニターを搭載し、アートフィルター機能にも対応したデジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」を9月中旬に発売する。

EOS 60D ボディのみ ¥OPEN(予想実売価格13万円前後)
EOS 60D・EF-S18-55 IS レンズキット ¥OPEN(予想実売価格14万円前後)
EOS 60D・EF-S18-135 IS レンズキット ¥OPEN(予想実売価格17万円前後)

EOS 60D

バリアングル液晶モニターを搭載


EOSシリーズ用交換レンズの新製品6機種も発表された

2008年発売の「EOS D50」から基本性能を向上させ、カメラ初心者からハイアマチュアまでに対応する製品を目指したモデル。約1,800万画素、APS-Cサイズ(22.3×14.9mm)のCMOSセンサーを搭載し、映像エンジンには「DIGIC 4」を搭載。記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカードに加え、ワイヤレス転送機能を備えたEye-Fiカードも利用できる。

広いISO感度に対応し、常用設定できるISO感度をD50のISO100〜3200から100〜6400に拡大。拡張設定の使用でISO12800までの設定に対応する。さらにISOオート時にはISO感度の上限を400/800/1600/3200/6400から設定することができる。


マルチコントローラーとサブ電子ダイヤルを「マルチサブ電子ダイヤル」としてまとめ操作性を向上

EOS 60D・EF-S18-135 IS レンズキット
AFは縦線検知、横線検知のラインセンサーを十字に組み合わせたクロスセンサーをすべてのAFフレームに採用した、中央F2.8光束対応「オールクロス9点AFセンサー」を搭載する。

表現力を高める画像撮影、編集機能も強化した。「ソフトフォーカス」「トイカメラ風」「ジオラマ風」「ラフモノクロ」の4種類のフィルターから選択できるアートフィルター機能をEOSシリーズとして初搭載したほか、「ふんわりやわらかく」「くっきり鮮やかに」「夕焼け」といったイメージから写真の雰囲気を設定できる表現セレクト機能、ライブビュー撮影時に通常の3対2だけでなく1対1や16対9などの画面サイズを選択できるマルチアスペクト機能といった新機能を搭載した。


アートフィルター機能

表現セレクト機能
そのほか、RAW画像をカメラ内でJPEG画像として保存し、編集も行える「カメラ内RAW現像」にも対応している。

動画撮影は1,920×1,080画素のフルHD(フレームレート 30/25p/24p)記録が可能。絞り数値やシャッター速度、ISO感度の設定も行える。

デザインも、より快適な操作性を目指して改良。従来は別々に配置していたマルチコントローラーとサブ電子ダイヤルを「マルチサブ電子ダイヤル」としてまとめ、縦位置撮影時でも快適に撮影できるようにした。またシャッター速度や絞り数値、ISO感度など主要な設定項目を、液晶モニター1画面で表示できるようにした。


ハイアングル、ローアングルでの撮影がよりスムーズにおこなえるようになった
また、EOSシリーズ初となる約104万ドットの3対2ワイド3.0型バリアングル・クリアビュー液晶モニターを搭載。縦位置での撮影やハイアングル、ローアングルでの撮影でも液晶モニターを見ながら行える。液晶モニター表面には反射や汚れ防止の効果があるマルチコーティングが施されている。

渡辺謙さんも登場した新製品発表会


フォトセッションの様子
本日の発表会ではキヤノンマーケティングジャパン(株)代表取締役社長の川崎正己氏などが市場動向や新製品の紹介を行ったほか、「EOS 60D」のコミュニケーションパートナーを務める渡辺謙さんやフォトグラファーの立木義浩さんも登場し、製品の魅力を語った。


キヤノンマーケティングジャパン(株)代表取締役社長 川崎正己氏
国内市場動向について川崎氏は、国内デジタルカメラ全体の市場規模について「2009年度には975万台に落ち込んだものの、今年は1,030万台まで回復する見込み。メーカーシェアはキヤノンが今年で6年連続1位となる。デジタル一眼は過去最高の140万台となる見込みで、来年はさらに増え、150万台になると予測している」とデジタル一眼市場が好調であることを説明。またデジタル一眼はミラーレス機の手軽さが支持されている一方で、一眼レフも好調に推移するという予測を強調した。


国内デジタルカメラ全体の市場規模

国内デジタル一眼の市場規模
一般ユーザー向けのデジタル一眼レフとして、エントリーモデルのEOS KISS X4、X3、ミドルモデルのEOS 5D MarkII、EOS 7Dをラインナップする同社。「ミドルクラスの5D MarkII、7DはフルHD動画撮影機能が好調。ミドルクラスの好調を受けて、交換レンズの販売数量も2010年度は過去最高となる」と説明した。


キヤノン(株)常務取締役 イメージコミュニケーション事業本部長 真栄田雅也氏

新製品のポジション
続いて登壇したキヤノン(株)常務取締役 イメージコミュニケーション事業本部長の真栄田雅也氏は新製品「EOS 60D」をミドルとエントリーの中間に位置するモデルとして紹介。「ハイアマチュアの方はもちろん、一眼レフを使ってこれから本格的に写真を始めたいという方にも是非手にとっていただきたいカメラ」と紹介した。


キヤノンマーケティングジャパン(株)専務取締役 コンスーマイメージングカンパニープレジデント 佐々木統氏
新製品の国内マーケティング戦略について説明した佐々木統氏は、デジタル一眼購入者は6割が新規購入者であるというデータを紹介し、「どれだけ新規購入者を取り込めるかがポイント」と説明。また新規購入者の購入動機としてはエントリークラスでは1位が「子供の成長記録」である一方、ミドルクラスでは「趣味として始めたい」が1位になったとし、60Dでは『趣味なら、本気で。』というキャッチコピーのもと、渡辺謙さんをコミュニケーションパートナーとして起用し、プロモーションを行っていく。


コミュニケーションパートナーとして引き続き渡辺謙さんを起用
トークセッションでは渡辺謙さん、60Dのカタログ写真などを手がけた立木義浩さんが登場し、本機についてトークを繰り広げるとともに、司会を務めたフリーアナウンサーの松本志のぶさんをモデルに60Dで撮影を行った。渡辺さんは「40DからEOSシリーズを使用してきたが、コンパクトになったがグリップ感は変わらない」と語り、「とにかくノートラブル。砂漠や雪山などいろんなところに持って行っているが故障しない」ともコメントしていた。

司会は松本志のぶさんが担当

50Dでもコミュニケーションパートナーを務めた渡辺謙さん


立木さん指導のもと松本さんモデルの撮影会が行われた

立木さんが60Dで撮影した写真を鑑賞している様子
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS 60D
  • 発売日2010年9月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格13万円前後・ボディのみ)
【SPEC】●記録媒体:SD、SDHC、SDXCメモリーカード ●撮像素子:約1800万画素CMOSセンサー ●ISO感度:ISO100〜6400自動設定、ISO12800相当の感度拡張が可能 ●モニター:約104万ドット、TFT式カラー液晶モニター ●外形寸法:約144.5W×105.8H×78.6Dmm ●質量:約675g(本体のみ)

関連記事