50/42インチの2機種

米パナソニック、“3D VIERA”にリアルタイム2D-3D変換機能を搭載した「GT25シリーズ」を追加

ファイル・ウェブ編集部
2010年08月18日
パナソニックの米国法人であるPanasonic Corporation of North Americaは、プラズマテレビ“3D VIERA”のラインナップに50/42インチの「GT25」シリーズを追加し、8月下旬に発売する。


イメージは「TC-P58VT25」
今回発表されたのは50インチの「TC-P50GT25」(2099.95ドル)、42インチの「TC-P42GT25」(1699.95ドル)の2機種。北米では既に発売されている65/58/54/50インチの「VT25」シリーズとともに、“3D VIERA”のラインナップが展開される。

ともに1920×1080画素のフルHDパネルを搭載し、600Hzのサブフィールド駆動技術に対応。リアルタイム2D-3D変換機能を北米モデルの“3D VIERA”として初めて搭載する。またIPTV機能「VIERA CAST」にも対応し、Amazon Video-on-DemandやNetflix、YouTubeなどインターネット経由で様々なコンテンツが楽しめる。

関連記事