NHK、6月末の地デジ機器普及台数を発表

ファイル・ウェブ編集部
2010年07月07日
NHKは、2010年6月末時点のデジタル放送の普及状況を発表した。地上デジタル放送受信機の普及台数は6月末現在で7,783万台。この数値には地上デジタルチューナー内蔵PCは含まず、地上デジタルチューナー内蔵PCの累計出荷数約220万台(JEITA発表値/5月末現在)をあわせると累計約8,003万台を達成した。

内訳はプラズマ/液晶テレビが約5,009万台(約157万台増)、ブラウン管テレビが約72万台(増減なし)、チューナー内蔵録画機を含むデジタルチューナーが約1,809万台(約50万台増)、ケーブルテレビ用STBが約893万台(約16万台増)。

一方、BSデジタル放送受信機は前月末から約209万台増加し、累計は約7,696万台。ケーブルテレビでデジアナ変換して視聴している世帯が約126万世帯で、合わせて約7,822万件となった。

関連リンク

関連記事