落札額は2社合計で最大約36億円

地デジ簡易チューナー納入業者がバッファローとピクセラに決定 - 給付申し込みは約19万件に

ファイル・ウェブ編集部
2010年06月04日
総務省 地デジチューナー支援実施センターは、経済的な理由で対応が困難な世帯等に無償給付する簡易チューナーの納入事業者として、(株)バッファローと(株)ピクセラの2社を選定したと発表した。

同センターでは、4月19日から5月13日までの期間で公募を実施。計13社から応募があり、簡易チューナーの要求仕様を満足する提案の中から上記2社を選定した。落札額は2社合計で最大約36億円。

また、対象世帯からの簡易チューナー給付支援の申込み状況についても公表。締め切りは7月2日(消印有効)としているが、5月31日現在における申込み数が約19万件となっていることを明らかにした。

なお、支援の決定通知や簡易チューナーの無償給付等については、準備が整い次第、順次開始する予定としている。

【問い合わせ先】
総務省 地デジチューナー支援実施センター
TEL/0570-033840

関連記事