任意のエリアのみ超解像適用も可能

三菱、業界初の120Hz駆動液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年05月18日
三菱電機(株)は、23型でフルHD解像度のワイド液晶ディスプレイ“Diamondcrysta WIDE”「RDT232WM-Z」を6月11日に発売する。価格はオープンだが54,800円前後での販売が予想される。

“Diamondcrysta WIDE”「RDT232WM-Z」

液晶方式はTN型で、パネル表面はグレア処理。視野角は左右/上下とも160度で、輝度は300cd/m2

本機の最大の特徴は、テレビでは一般的だが、液晶モニターとしては業界初となる倍速駆動技術を搭載したこと。毎秒120コマの表示が可能で、動画ボヤケを低減している。

ビデオ入力にはHDMI端子を2系統、D5端子を1系統装備。またPC入力用にはDVI-DとミニD-SUB 15ピンを備えている。デジタル×デジタルのピクチャー・イン・ピクチャー2画面表示も可能となっている。

またWindows 7/Vistaでは、付属ソフト「ギガクリア・ウインドウ」をPCにインストールすることで、範囲を指定したエリアだけに超解像技術を適用することができる。同社では「指定外のエリアには超解像が適用されないため、テキスト画面とのマルチウィンドウも見やすく表示することができる」としている。

【問い合わせ先】
三菱電機(株)
お買い物相談窓口
TEL/03-3424-9298
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番RDT232WM-Z
  • 発売日2010年6月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格54,800円前後)

関連記事