簡単接続機能「AOSS」が利用可能

バッファロー、“VIERA”用USB無線LAN子機「WLI-UV-AG300P」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年05月12日

WLI-UV-AG300P
(株)バッファローは、パナソニック製プラズマ/液晶テレビ“VIERA”シリーズ専用USB無線LAN子機「WLI-UV-AG300P」を5月中旬より5,565円(税込)で発売する。

“VIERA”に本製品を接続し、バッファローの無線LAN親機を組み合わせることにより各種ネットワークサービスをワイヤレスで利用できるようになる。対応するのは2010年発売のVT2/V2/G2/D2の各シリーズ。なお、親機としてはバッファローの「WZR-AGL300NH」がパナソニックより推奨されている。

バッファロー製の無線LAN親機と組み合わせる場合、ワンプッシュでの簡単接続機能「AOSS」が利用可能。無線LANは11a/g/bに加えて高速化規格の11nにも対応している。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドBUFFALO
  • 型番WLI-UV-AG300P
  • 発売日2010年5月中旬
  • 価格WLI-UV-AG300P
●外形寸法:27W×96H×14Dmm

関連記事