業界最小クラスのパッケージサイズを実現

ソニー、家庭用プロジェクターにも応用可能なRGBレーザー光源モジュールを開発

ファイル・ウェブ編集部
2010年03月08日
ソニー(株)は、デジタルシネマ用途の大型プロジェクター向けデバイスとして、RGBの3原色合計で21Wの高出力レーザーを、小型パッケージに一体化した光源モジュールを開発した。


ソニーが開発したRGBレーザー光源モジュール
今回同社が開発したモジュールは、赤と青に半導体レーザーを、緑には小型・高出力な固体SHGレーザーを用いており、赤と緑は自社開発のレーザーを採用している。3色のレーザーは、それぞれ赤10W、緑6W、青5Wの合計21W(5,000ルーメン相当)という高出力で、同時に3色平均で18%という、可視域の高出力レーザーとしては高いエネルギー変換効率を実現している。このエネルギー変換効率の高さを活かし、モジュール全体も低消費電力化を達成している。

同社は新開発のモジュールの用途について、明るさ1,000ルーメン程度のホームシアター用プロジェクターの光源にも使えるとしている。また3色の光源がそれぞれ平行光で出力するように設計されているため、複数のモジュールを積み重ねることもでき、明るさ10,000ルーメン以上の大型プロジェクターや、デジタルシネマの上映用途を目的とした大型プロジェクターへの展開も可能と説明している。現在光源に使われているキセノンランプと交換して本モジュールを使った場合、レーザーの特性を活かして高輝度化/光源の長寿命化/低消費電力化/高コントラスト・広色域/プリズムなど光学部品の小型化が可能になるという。

同社では本モジュールの技術を今後グループ会社であるソニーマニュファクチュアリングシステムズ(株)に移管し、2010年後半よりサンプル出荷を始める考えだ。

関連記事