申請手続きの簡素化やネットでの状況確認も可能に

経産省など、新エコポイントの詳細を発表 - テレビの新たな対象製品一覧も公表

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月19日

環境省、経済産業省、総務省グリーン家電普及推進室、およびグリーン家電エコポイント事務局は、エコポイントの4月1日からの変更点などを発表。地デジ対応テレビの対象製品が変わることなどを明らかにした。

地上デジタル放送対応テレビについては、省エネ基準の改定(平成 22年2月18日公布、同年4月1日施行)に伴い、今年4月1日以降は、より省エネ性能の高い製品に4つ星、5つ星の表示がつけられることになる。これに伴い、現在、家電エコポイント対象となっている地デジ対応テレビの一部に、4月1日以降は3つ星以下となるものが出るため、これらの製品を4月1日からはポイント付与の対象外とする。4月1日以後のエコポイント対象機種はこちら(※PDFファイル)で確認できる。

制度自体については、閣議決定していた2010年12月31日までの期限延長(関連ニュース)を改めて発表。エコポイント登録申請期限を翌2011年2月28日までとした。

また、申請書の簡素化など制度面でも改革を実施。審査状況をインターネットでユーザーが確認できるようにするなどの改善を行う。改善点は下記の通り。

■「2010グリーン家電エコポイント申請ゴールドサポート販売店」の導入・運用開始

エコポイントに関する相談・問い合わせ対応等を行う「サポート販売店」として登録していた家電販売店の中から、新たに申請書の作成も行う「ゴールドサポート販売店」を登録。

■家電エコポイント申請書の簡素化

現在、申請書への記入が必要となっている型番・製造番号などの記入を不要とするとともに、領収書の原本、メーカー保証証のコピーなどを貼り付ける欄を分かりやすくするなど、申請書を簡素化する。

■店頭利用申請書の導入

現在は「サポート販売店」にてエコポイントを地デジアンテナ工事やLED電球等との交換に利用する場合、購入者自身が申請書に必要事項を記入する必要があった。この点について、4月1日以降はサポート販売店が店頭利用申請書を作成し、それを家電エコポイント申請書に貼付する方式に変更する。これにより、簡単に間違いなく店頭利用ができるようになるという。

■申請書に関する審査状況の確認

事務局に届いた申請書について、インターネットで審査状況が確認できるようになる。

関連リンク

関連記事