DW最新作品の3Dトレーラー視聴サービスを展開

【CES】サムスンとドリームワークスなど、家庭用3Dエンターテインメントの普及に向けた提携を発表

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月07日
米Samsung Electronics America、DreamWorks Animation、Technicolorの3社は、2010年の3Dエンターテインメントの普及に向けたグローバルプロモーションでの提携を発表した。

3社は今後、2010 International CESにてサムスンが発表した、テレビやBDプレーヤーなどコンシューマー向け製品群と、Technicolor社が3D製作したドリームワークス作品『Monsters vs. Aliens.(邦題:モンスター VS エイリアン)』とのタイアップにより3Dエンターテインメントの魅力を訴求していく。

また2010年にドリームワークスが製作を予定している『Bob's Big Break』、『How to Train your Dragon』『Shrek Forever After』など作品の3Dトレーラーを、サムスンの「Internet@TV」対応テレビで視聴できるサービスもスタートさせる。

関連記事