東芝、特定エリアに限定したワンセグ放送配信システムを開発

Phile-web編集部
2009年11月02日
(株)東芝は、特定エリアに限定してワンセグ放送を実現する配信システムを開発。公共施設やデジタルサイネージ分野などへの展開を呼びかけていく。

今回東芝が開発したシステムは、コンサート会場や競技場など、比較的広い場所で利用できる「小電力タイプ」無線機による配信と、無線局免許を必要とせず、店舗等で1m以内のエリアをカバーする「微弱出力タイプ」無線機による配信の両方式に対応しており、場所や利用形態に応じた配信に対応する。エリア限定ワンセグとは、携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」の技術を用い、特定エリアに限定した独自の映像やデータを配信するサービスであり、携帯端末向けに地域密着型のサービス提供や、デジタルサイネージ分野、防災情報配信システムとしての活用まで、さまざまな利用モデルが検討されている。

発表のシステムでは、一台の送出設備に複数の機能を搭載するオールインワン設計により、小型かつシンプルなシステムを実現している点も特徴。蓄積配信だけでなく、リアルタイム映像配信にも対応する。またコンテンツ配信時、エラー耐性の確保と暗号化によるセキュリティが確保されている。

関連記事