充実した録画機能を搭載

日本デジタル家電、HDDを13台同時接続可能な地デジチューナーを発売

Phile-web編集部
2009年10月23日

「ハイビジョン・ロクラクSlim・NEO」
(株)日本デジタル家電は、最大13台のUSBハードディスクを同時接続できる地上デジタルチューナー「ハイビジョン・ロクラクSlim・NEO」を発売する。本日より購入申し込みの受け付けを開始した。価格は29,400円(税込)。

地上デジタル放送の受信と、USBハードディスクへの録画が行える単体型の地上デジタルチューナー。本体外形寸法は約52W×134H×194Dmmと小型で、EPGや字幕放送にも対応する。映像出力端子はビデオ1/Sビデオ1/D3端子1/HDMI端子1。HDMIは1080iまでの出力が可能。

最大の特徴は、別売りのUSBハードディスクを最大13台まで接続できること。1台あたりの最大利用容量は2TB。USB端子は2端子だが、ハブを使って接続することが可能。また、USBディスクを接続すると自動的にフォーマットメニューが表示される仕様となっている。

複数台のUSBハードディスクを接続することで、たとえばジャンルごとに個別のハードディスクを割り当てたりすることが可能。ダビング10にも対応しており、HDD間で録画番組のダビングやムーブを行うことができる。さらにUSB端子をPCにつなげば、PC内のMPEG2データを本機を介して再生することも可能となっている。

EPGは2種類を用意し、新聞のラテ欄風の表示モードの他、チャンネルごとの番組を大きな文字で表示するモードも備えている。

【問い合わせ先】
(株)日本デジタル家電
TEL/0120-498-798
新着記事を見る
  • ジャンル地上デジタルチューナー
  • ブランドNYX
  • 型番ハイビジョン・ロクラクSlim・NEO
  • 発売日2009年10月23日
  • 価格¥29,400(税込)
【SPEC】●受信チャンネル:地上デジタル ●映像出力端子:ビデオ1/Sビデオ1/D3端子1/HDMI端子1 ●USB端子:2 ●LAN端子:1 ●外形寸法:約52W×134H×194Dmm ●質量:約800g

関連記事