新開発のサブウーファー内蔵アンプを採用

ヤマハ、7.1chバーチャル再生対応の小型シアターシステム“YHTシリーズ”を発売

Phile-web編集部
2009年09月18日
ヤマハ(株)は、薄型テレビのそばにすっきりと設置できるようデザインやサイズにこだわったコンパクトなホームシアターシステム“YHTシリーズ”2機種を10月20日に発売する。

・3.1chシステム「YHT-S400」 ¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
・2.1chシステム「YHT-S350」 ¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)


YHT-S400

YHT-S350
「YHT-S400」はテレビの前に設置するワンボディの薄型スピーカーとサブウーファー内蔵アンプで構成された3.1chシステム。一方、「YHT-S350」はYHT-S400と同様のサブウーファー内蔵アンプに小型の2chブックシェルフスピーカーを組み合わせた2.1chシステムとなる。

■バーチャル7.1chサラウンド機能搭載の新開発センターユニット

両機種で用いられているアンプとサブウーファーを一体化した新開発のセンターユニットは、最大寸法435mm、高さ151mm、奥行き361mmというサイズ。テレビラックにコンパクトに収納できるようにした。

ドルビーデジタル、ドルビープロロジックII、DTS、AACのデコーダーを搭載し、ゲームソフトやDVD、テレビ放送などを手軽に迫力のサウンドで楽しむことができる。HDオーディオのデコーダーは搭載しないが、マルチチャンネルのリニアPCM入力には対応しており、デコーダー内蔵のBDプレーヤーやレコーダーとHDMI接続することでBDソフトも高音質に視聴できる。


新開発センターユニットはサブウーファ&アンプを一体化し設置性を高めた
フロントサラウンド技術「AIR SURROUND XTREME(エアサラウンド・エクストリーム)」により、バーチャルな7.1chサラウンド再生が可能。本技術は24kHz保証HRTFなどの同社オリジナル技術を統合することで、バーチャルサラウンドが抱えていた音質劣化や不明確な定位感などの問題を改善したヤマハ独自のバーチャルサラウンドの技術だ。

MOVIE/MUSIC/TV PRPGRAM/GAMEの4つのサラウンドモードを搭載し、再生するコンテンツごとに最適な音場環境を得ることができる。

またテレビの電子番組表(EPG)と本機のサラウンドモードが連動する「おまかせサラウンド」を装備した。視聴番組のジャンルモードによって自動的にサラウンドモードの切替がおこなわれるというもので、今週発表されたYSP-4100で初めて追加された新機能だ。「おまかせサラウンド」に対応するテレビは本製品の発表現在で、東芝のレグザと日立のWoooの一部機種となる。


センターユニットのリモコン
HDMI端子は入力3系統、出力1系統装備。HDMIリンク機能は主要メーカー5社のテレビ・レコーダーに対応。テレビ側のリモコンで本機の電源オン/オフ、音量調整などが行える。

そのほか光デジタル音声入力、アナログ音声入力を各1系統装備。また同社アクセサリー製品を接続できる専用Dockポートも備えており、別売のiPod用ユニバーサルドック「YDS-11」やBluetoothオーディオレシーバー「YBA-10」と接続することでiPodや対応の携帯電話の音声を再生することもできる。

コンテンツ間の音量差を自動補正する同社の新開発技術「ユニボリューム機能」にも対応。番組からCMに切り替わった時に突然大音量が発生するといった現象を抑えることができる。また台詞成分をより聞こえやすくする処理を施しており、台詞の明瞭な聴き取りも可能だ。東芝レグザ等に採用されているドルビーボリュームのような機能だが、「ユニボリューム」は特にマルチチャンネルでの処理を考慮して開発されているという。

■YHT-S400 − テレビの前に設置できるスリムな3chスピーカー


テレビスタンドをまたいで設置できるのがポイント
YHT-S400に付属するスピーカーは、幅800mm、奥行き70mmのスリムボディで、ブリッジ型のデザインを採用することでテレビスタンドをまたいで設置できるようにした。横幅は32V型〜40V型テレビの横幅にぴったりと収まるサイズになっている。また高さは50mm、スタンド使用時でも80mmで、テレビ画面やリモコンセンサーを遮ることなくテレビのすぐ前にセットすることができる。

4×10cmコーン型フルレンジユニットをフロントL/Rとセンターの3基搭載。AIR SURROUND XTREMEは3.1ch用のチューニングを施している。


スタンド使用時でも高さは8cm。重さも1.5kgと軽量だ

奥行きは70mm


スピーカー端子部
■YHT-S350 − 2ch小型ブックシェルフスピーカー

YHT-S350に付属するスピーカーは、幅95mm、高さ190mmのコンパクトな2ウェイ密閉型のブックシェルフ型。5.5cmコーン型ウーファーを2基、2.5cmバランスドーム型トゥイーターを1基搭載する。


小型の薄型テレビとも相性がいいコンパクト設計のスピーカー

横置き、縦置きどちらも可能。中央にラインが入ったデザイン(セパレート構造ではない)
【問い合わせ先】
ヤマハ(株)お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器相談窓口
TEL/0570-011-808(ナビダイヤル)

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルバーチャル再生システム
  • ブランドYAMAHA
  • 型番YHT-S400
  • 発売日2009年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
<センターユニット>●実用最大出力:150W (フロントL/R 50W+50W、センター50W)、100W (内蔵サブウーファー) ●入出力端子:HDMI入力3、光デジタル音声入力1、アナログ音声入力1、Dockポート、HDMi出力1、アンテナ端子(FMチューナー) ●消費電力:35W ●最大外形寸法:435W×151H×361Dmm ●質量:8.6kg <スピーカー>●型式:フルレンジ密閉型 ●ユニット:4×10cmコーン型×3 ●外形寸法:800W×50H×70Dmm(スタンド無し) 、800W×82H(97H:高さ可変式)×70Dmm(スタンド有り) ●質量:1.5kg
  • ジャンルバーチャル再生システム
  • ブランドYAMAHA
  • 型番YHT-S350
  • 発売日2009年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
<センターユニット>●実用最大出力:100W (フロントL/R 50W+50W)、100W (内蔵サブウーファー) ●入出力端子:HDMI入力3、光デジタル音声入力1、アナログ音声入力1、Dockポート、HDMi出力1、アンテナ端子(FMチューナー) ●消費電力:35W ●最大外形寸法:435W×151H×361Dmm ●質量:8.6kg <スピーカー>●型式:2ウェイ密閉型 ●ユニット:5.5cmコーン型ウーファー×2、2.5cmバランスドーム型ツィーター×1 ●外形寸法:95W×190H×95Dmm(スタンド無し)、95W×206H×105Dmm(スタンド有り) ●質量:960kg

関連記事