3Dカメラ&ディスプレイで制作環境の整備・効率化を図る

パナソニック、プロ向け3D映像制作システムを開発開始

Phile-web編集部
2009年04月20日

3Dカメラレコーダー
パナソニック(株)は、プロ向けの3D映像制作システムを開発すると発表した。

今年2月に「パナソニック ハリウッド研究所アドバンスドオーサリングセンター」を設立(関連ニュース)するなど、コンテンツ面からも3D映像に力を入れている同社。この度開発を開始するのは3Dコンテンツ制作者向けのシステムで、「2眼式P2カメラレコーダー」と「3Dプラズマディスプレイ」をセットにしたもの。これまでは制作者自らが2D映像カメラなどを組み合わせて3D制作システムを構築していたが、3Dカメラ&3Dディスプレイを提供することで、制作過程での目視評価環境の充実などといった環境の整備、そして制作の効率化を狙う。

2眼式P2カメラレコーダーは自然な立体映像が得られることに加え、メカレスというP2の特徴を活かした小型化が可能。撮影の自由度を飛躍的に向上できるという。3Dディスプレイは左右それぞれの映像をフルHDの動画として再現する「3D駆動システム」により、大画面での3D映像視聴を実現。プラズマならではの動画応答性や色再現性を活かした高品位な3D映像の評価が可能だという。

このシステムは、本日4月20日から開催中の放送機器の展示会「NAB2009」にてコンセプト提案されている。

【問い合わせ先】

パナソニック株式会社
コーポレートコミュニケーション本部
広報グループ
TEL/03-3436-2621(東京)
TEL/06-6908-0447(大阪)
  • トピック
  • 3D

関連記事