一般ユーザーの購入希望も応相談

ビクター、46V型業務用フルハイビジョン3D液晶モニターを発売

Phile-web編集部
2009年04月13日
日本ビクター(株)は、独自の“3D映像システム”を搭載した業務用フルハイビジョン3D液晶モニター「GD-463D10」を7月上旬より発売する。価格はオープンだが70万円前後での実売が予想される。

GD-463D10

本製品は画面サイズ46V型の業務用フルハイビジョン3D液晶モニター。最薄部39mmという厚さで様々な設置場所に対応するため、同社では「2Dはもちろん3Dの視聴環境を手軽に実現するものだ」としている。

(株)有沢製作所により開発された、Xpol偏光フィルター方式を採用。液晶モニターの走査線1ラインおきに逆特性の偏光フィルターを貼り、フィルターに対応する右目、左目の映像を表示するとともに、付属のパッシブ型偏光メガネを通して観賞することで立体視を可能にする。同方式では、画面に常に左右の映像が表示されるためチラツキのない3D映像を表示し、速い動きの映像に対しても立体感が損なわれない利点があるという。

Xpol偏光フィルター方式3Dの概念図

3D映像信号には、3Dコンテンツの制作現場で広く採用されている「Line-by-Line 方式」および「Side-by-Side 方式」の2方式に対応。さらに、独自の3Dデコーダー回路により、Xpol方式表示フォーマットに最適な変換処理をおこない、3D立体映像においても、なめらかな階調表現とリアルな色彩を再現するという。

なお、「Line-by-Line 方式」は、右目用、左目用の映像信号が1ラインおきに交互に配置されているというもの。一方、「Side-by-Side 方式」は右目用、左目用の映像信号が水平1/2に圧縮された状態で左右に配置されている。両者とも通常のテレビ信号と同じ形式で伝送可能なため、3D映像の制作現場やテレビ放送などで広く採用されている。

Line-By-Line方式の概念図

Side-By-Side方式の概念図

表示画素数は水平1,920 ドット×垂直1,080 ドット× RGB3の約622万ドット。パネルコントラスト比は2,000対1で、ダイナミックコントラスト比が10,000対1。3D用入力に対応したHDMI端子を3系統装備しており、1080/24p,50p,60p,50i,60iの各HD信号に対応する。

同社では、本製品を映画制作用途だけに限らず、3D 映像の新規用途と期待されている科学研究・医療教育・各種シミュレーション用にも販売展開を図り、業務用ディスプレイ事業の拡大を図るとしている。一般ユーザーの購入希望に対しては下記問い合わせ先で相談を受け付けるという。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株)
開発営業部 国内営業部 プログループ
TEL/045−450−1651

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドVICTOR
  • 型番GD-463D10
  • 発売日2009年7月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格 700,000円前後)
●表示画素数:約622万ドット ●パネルコントラスト比:2,000対 ●ダイナミックコントラスト比が10,000対1 ●入力端子:3D対応HDMI 入力×3 ●電源:AC100V(50/60Hz)日本向け 地域別に電圧対応 ●外形寸法:107.1W×72.5H×27.5Dcm(スタンド含む) ●質量:26.9kg(スタンド含む)

関連記事