マクセル、着脱式HDD「iV」に250/120GBモデルを追加

2008年04月14日

250GBの「M-VDRS250G.A」

iVのラインナップは80/120/160/250GBの4種類となった
日立マクセル(株)は、iVDR-S対応のカセットHDD「iV(アイヴィ)」新ラインナップとして、250GBの「M-VDRS250G.A」と120GBモデルの「M-VDRS120G.A」を5月23日に発売する。

価格はオープンだが、250GBモデルは3万円前後、120GBモデルは2万円前後での販売が予想される。

iVDR-Sは、著作権保護技術「SAFIA」に対応した着脱式のHDD。日立製作所の薄型テレビ“Wooo”の「iVポケット」搭載モデルなどで使用できる。なお、本日同時に発表されたWoooの新モデルは、すべてiVポケットを搭載している。

データの最大転送速度を540Mbpsから665Mbpsへ向上させたのもポイント(120GBモデルの最大転送速度は643Mbps)。パッケージには「フルハイビジョン映像をそのままの画質で録画できる」と明記したほか、裏面にQRコードを表示し、対応する機器の詳細を確認することができるようにした。

【問い合わせ先】
日立マクセル(株)
お客様相談センター
TEL/03-5213-3521

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドMAXELL
  • 型番M-VDRS250G.A
  • 発売日2008年5月23日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
【SPEC】●データ容量:250GB ●外形寸法:80W×110H×12.7Dmm ●質量 :約145g(本体のみ)
  • ブランドMAXELL
  • 型番M-VDRS120G.A
  • 発売日2008年5月23日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
【SPEC】●データ容量:120GB ●外形寸法:80W×110H×12.7Dmm ●質量 :約145g(本体のみ)

関連記事