CES2009レポート

<パナソニック プレスカンファレンス>薄さ8.8mmの50V型フルHD PDP試作機が登場 − 世界初ポータブルBDプレーヤーも

Phile-web編集部・伊藤
2009年01月08日
米国時間1月7日に開催されたパナソニックのプレスカンファレンスでは、スピーチの最後に薄さ8.8mmのフルHDプラズマパネルを搭載した50V型モデルの試作機が登場し、会場をあっと驚かせた。


薄さ8.8mmのフルHDプラズマパネルを搭載した50V型試作機
本機は次世代プラズマディスプレイの基幹技術として同社が開発した「NeoPDP」技術を進化させ、放電ガスなどの新しい素材開発や新駆動技術の開発などにより、省電力&超薄型を実現したフルHDパネルだ。8.8mmの薄さで消費電力は07年発売モデルの3分の1を達成しているという。


横からみた試作機のパネル。その薄さは来場者を大いに驚かせた

試作機の背面
「NeoPDP」技術は「Neo LCD」とともに、同社が精力的に開発してきたディスプレイ技術。昨年のCES2008会場でも「Neo PDP」のコンセプトモデルとして試作機を出展したが(関連ニュース)、そのコンセプトモデルのディスプレイ部の薄さは1インチ(2.54cm)だった。なお2.54cmのコンセプトモデルは、今回のイベントではプラズマテレビ「VIERA Z1」として正式にその商品化がアナウンスされた。これらの製品の詳細は同社ブースのレポートでご紹介する。

また8日から会場にオープンする同社ブースの目玉も発表された。昨年のCES 2008では150インチの4K2Kプラズマディスプレイを展示して話題を集めた同社だが、今年はCEATEC JAPAN 2008でも行われた3D フルHDシアターのデモ(関連ニュース)を展開するという。


パナソニックコーポレーション北米 Chairman&CEOのYoshi Yamada氏
パナソニックコーポレーション北米 Chairman&CEOのYoshi Yamada氏は、2009年から10年にかけて3DフルHDを家庭に浸透させる取り組みを強化していくと説明する。カンファレンス中は“3D Full HD”というフレーズが連呼され、同社の力の入れようを感じ取ることができた。


“3D Full HD”は今年から本格的に普及活動を開始する。2010年には“3DフルHD BD”の制作にも取り組んでいくという
同社Robert Perry氏は「VIERAの強みは高画質、HDMI-CEC機能“VIERA Link”やIPTVの新技術“VIERA CAST”による周辺機器との連携、そして優れた環境性能にあるとし、“VIERA Link”の優位性を紹介した。また“VIERA CAST”が新たに「Amazon on Demand」のサービスにも対応することがアナウンスされた。Amazonのサービスに対応するVIERAとBD関連の新製品は今年前半の発売を予定しているという。


ポータブルBDプレーヤー「DMP-B15」

HDMI端子やSDスロットを装備している
その他、同社ブースでは世界初のポータブルBDプレーヤー「DMP-B15」が出展されることも明らかになった。また日本で発表されたばかりの新3MOSセンサーを搭載したAVCHDビデオカメラ(関連ニュース)や、BD-Liveに対応したBDプレーヤー「BD60」「BD80」「BD70V」などの新製品もブースに並ぶ予定だ。

関連記事