過去最高のシェアに拡大

BDレコーダーの国内販売シェアが月次調査で初の40%台超え

Phile-web編集部
2008年11月04日

シェア推移を示すグラフ。8月にやや落ち着いたが9月に入り過去最高の数字を記録
ブルーレイ・ディスク・アソシエーション(BDA)は、国内DVDレコーダー市場におけるBD対応レコーダーの9月度の販売台数のシェアが前月比5.9%増の42.7%となり、月次の調査として初めて40%台を超えたことを発表した。

本件は市場調査会社GfK Japanによる調査で明らかになったもの。BD対応レコーダーのシェア調査では、7月7日から7月13日の週に40.5%を記録していたが(関連ニュース)、月単位でのシェア40%越えは初めてとなる。

BDAでは、この調査結果について「9月に入ってから各社が年末のボーナスシーズンに向けたBD対応レコーダの新製品を発表しており、同時に映画、アニメを中心としたBDソフトも順調に拡大している。ユーザーがBDを楽しめる環境は整っており、一日も早くBDの高画質、高音質をご家庭でお楽しみいただきたい」とコメント。シェア50%達成も見え始めた状況に期待を寄せている。

関連記事