au BOX対応機も登場

KDDI、WVGA有機EL搭載機など携帯電話新ラインナップ7機種を発売

Phile-web編集部
2008年10月27日

左からW63H、W63CA、W64SH

左からW65T、W65K、W64S、W62P
KDDI、沖縄セルラーは、au携帯電話の新製品7機種を11月以降に順次発売する。

ディスプレイの美しさにこだわったモデルをラインアップしたのが特徴の一つで、“Woooケータイ”「W63H」と“EXILIMケータイ”「W63CA」は、ともに3.1インチのWVGA有機ELディスプレイを搭載。また、“AQUOSケータイ”「W64SH」は3.5インチフルワイドVGAのNewモバイルASV液晶を採用した。この3機種は、11月から提供開始予定の、PCやオーディオ機器を介さずに音楽や映像サービスが楽しめる「au BOX」(関連ニュース)に対応している。

“Woooケータイ”「W63H」は、高画質エンジン「Picture Master for Mobile」を搭載し、エッジエンハンサ機能を搭載。ワンセグだけでなくLismo Videoにも適用できる。また、15Hzのワンセグ映像を30Hzに変換する「なめらかモード」も搭載した。

“EXILIMケータイ”「W63CA」は、大型有機ELディスプレイの搭載だけでなく、8.1メガピクセルのカメラを搭載したことも大きな特徴。顔検出AFや手ブレ補正機能も搭載している。動画は秒間30フレームのVGA動画が撮影可能。

“AQUOSケータイ”「W64SH」のディスプレイは前述の通りNewモバイルASV液晶。高演色バックライトの搭載や、光のロスを抑えるリフレクトバリアコート、微反射液晶、6色カラーフィルターの採用などにより、屋外での視認性を高めた。また「SV エンジン+」により色彩・輪郭を強調。最大2000対1のコントラストを実現している。なお、本機もワンセグの30Hz表示機能「なめらかモード」を搭載している。

「W65T」は「au Smart Sports」に対応。モーションセンサーを利用したカロリーカウントが可能で、アプリを起動することなく、携帯電話を持ち歩くだけで歩数・距離・消費カロリーが自動で測定される。ディスプレイは2.8インチワイドQVGAの有機EL。有機ELに特化した調整を行った「モバイル〈レグザ〉エンジン」も搭載する。

そのほか、「W65K」は薄さ15.8mmのスリムモデルで、防水、ワンセグ・FeliCaにも対応。

「W64S」は薄さ14.9mmスリムボディで、グローバルパスポート GSM対応やワンセグ搭載を果たした。カラーごとにフロントパネルとテクスチャーが異なる輝きをみせる "あでやかデザイン"も採用する。

今回のラインナップで最も薄いのは「W62P」で、薄さは12.9mm。ワンセグにも対応する。左右非対称の「コスメティックコンシャス デザイン」を採用している。

関連リンク

関連記事