半数がAV専用ルームの新設/拡張を望む - 「今週の読者投票」結果発表

2008年10月14日
10月6日〜10月14日の読者投票:「AV環境に関して一番欲求度が高いのはどれ?」

年末商戦に向け、各社から様々な新製品が発表されている。発表会などの各種イベントをPhile-webでもレポートしているが、読者諸氏はAV機器についてどんな欲求を持っているのか。今週は現在のAV環境に関する不満点を尋ねてみた。


結果は「専用ルームを新設/拡張したい」が48%で最多得票を獲得。機器をアップグレードするよりも、まずは現在持っている製品の能力をフルに引き出せるような環境を何よりも欲しているということなのかもしれない。特に音響機器に関しては、大音量で音楽を再生できる防音設備の整った部屋へのニーズは高いのではないだろうか。

28%で上記項目に続いたのが「もっとハイエンド機が欲しい」というもの。画質や音質にこだわり始めてしまうと出てくる当然の欲求であり、上位にきたのは予想通りでもあるのだが、上を見ればキリがないのがこの世界。自分の懐具合との兼ね合いが非常に難しいところだ。

そのほかの4項目は上記2項目とは少しポイント差が開く結果となったが、興味深いのは「家族の理解が欲しい」という回答が6%の得票を獲得している点。製品本体だけでなくケーブルなど周辺機器も何十万円、何百万円という製品がザラな世界であるだけに、こうしたことに関心のない家族へ理解を求めるのはかなりの難問。魅力的な製品購入には、家族の承諾を得ることが最初にして最大の関門なのかもしれない。

(Phile-web編集部)

関連記事