今週の読者投票

裸眼3D技術の搭載に期待する製品は?

Phile-web編集部
2010年09月22日
9月14日〜9月21日の読者投票:メガネなし3D、あなたはどのタイプの製品に期待する?

Blu-ray 3Dタイトルの発売もいよいよ始まった今年の秋、3Dに関連したもう一つの動きとして「メガネなし」の裸眼3Dに関するニュースもちらほらと報じられるようになってきた。今回の読者投票では、いまPhile-web読者の方々が期待する裸眼3D技術搭載製品について、関心の度合いを募ってみた。


やはり最も多かった回答が「テレビ」の60%。IFA2010では東芝が「小型裸眼3Dテレビを商品化」し、今年の10月に発表会を行ってその詳細を明らかにする旨を伝えた(関連ニュース)。また、山之内正氏のIFAレポートからも分かるように、プロトタイプベースでの技術展示では会ったものの、32〜40型前後のサイズでも一定の完成度を実現した裸眼3Dディスプレイが出展され、話題を集めていた。

これに続く回答として「パソコン用ディスプレイ」や「ポータブルゲーム機」が10%前後で連なった。シャープでは今年の4月に裸眼対応のタッチパネル付き3D液晶を開発し、記者発表会を開催した(関連ニュース)。同じセットがIFA2010の会場に展示され、スマートホン型のプロトタイプによる3D動画&静止画の撮影デモも行われた(関連ニュース)。このときにプロトタイプとして展示されていた製品は外装の完成度も高かったので、近い将来に商品として発表されることも期待できそうだ。

関連記事