パナソニック、累計テレビ生産台数3億台を達成

2008年10月07日
パナソニック(株)は本日、同社テレビの累計生産台数3億台を達成したことを発表した。これは世界のテレビメーカーとして初めてのこととなる。

同社は日本に於けるテレビ放送開始の前年にあたる1952年11月に白黒テレビの生産を開始。以来、家具調白黒テレビ「嵯峨」(1965年)をはじめ、「クイントリックス」(1974年)、「α2000X」(1985年)、「画王」(1990年)、「T(タウ)」(1998年)など数々の製品を生み出してきた。そしてこのたび、今年9月発売の“VIERA”「TH-50PZR900」で累計生産台数3億台を達成したという。

カラー化やデバイスの変化、周辺機器とつながる「リンク」の機能など、テレビはその歴史のなかで大きく進化を遂げてきたが、同社はその流れを切り拓き、販売・生産を牽引してきた。また直近では、プラズマの進化を飛躍的に高める「Neo PDP」技術を開発するなど、さらなる進化を続けている

次の目標となる4億台に向け同社は、今後も主流になるプラズマ/液晶の大画面薄型テレビを中心に、家庭内に新たな団らんを生み出す「デジタルハース(デジタル囲炉裏)」の実現に向け、大画面化・薄型化・高画質化を進めるほか、ワイヤレスリンク機能の拡充などを図っていくという。

「3億台達成を支えるこれまでのご愛顧に感謝すると共に、常に『先進のテクノロジーでお客様にご満足をお届けする』という基本を堅持し、次なる4億台の達成に向け、映像事業をより積極的に推進する事で、世界の映像文化の更なる発展に、人々の豊かな暮らしの創造に貢献し続けてまいります」(同社コメント)。

(Phile-web編集部)

関連記事