パナソニック、「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を開発 − CEATECに出展

2008年09月24日
パナソニックは、103V型プラズマテレビとBDプレーヤーを使用して3D映像視聴を実現する「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を開発。9月30日より開催されるCEATECに本システムを出展することを発表した。

「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」は、左右の目それぞれに対応する2系統の1,920×1,080画素の映像を用意。2系統の映像を収録したBDソフトを、リアルタイムデコード・再生可能なBDプレーヤーで再生。新開発の「3D駆動システム」を搭載したプラズマテレビに映写する。視聴者はプラズマテレビと同期して動作するアクティブシャッターメガネをかけることで、3D映像を楽しむことができるとのことだ。また、「記録、再生、表示する」すべてのプロセスにおいて、左右ともフルHD処理を行っている点も特徴だ。

CEATECの会場では、オリンピックの映像やハリウッドのアニメーション映画クリップなどの3Dコンテンツを用意。ホール3の「パナソニックブース」内特設スタジオで、本システムを体験することもできる。

同社は今後本システムをベースに、家庭でフルHD 3D映像を楽しめるようハリウッドの映画会社やBlu-ray Disc Association(BDA)加盟の民生機器メーカーなどと協議の上。BDAで3D表示フォーマットの規格化を図り普及に尽力していく構えだ。


(Phile-web編集部)

関連記事