パナソニック、2.1chシアターラック「SC-HTF5」に新色“ダークウッド”を追加

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月20日
パナソニックは、家具調デザインを採用した2.1chシアターラック“サウンドボード”シリーズの「SC-HTF5」に、新色の“ダークウッド”を6月3日から追加発売する。価格はオープンだが5万円前後での販売が見込まれる。


SC-HTF5(ダークウッド)
本機は既に発売されているライトウッド/ミディアムウッド(関連ニュース)に続く、3色目のラインナップ。セリフやスポーツ番組の解説などを聞き取りやすくする「新・明瞭ボイス」の搭載や、奥行きのあるサウンドを実現する「3Dサラウンド」などの技術が採用されている。

ビエラリンク機能では、VIERAのサウンドモードを「オート」に設定すると視聴中の番組ジャンルにあわせて自動的にシアターラック側のサウンドモードが切り替わる「番組ぴったりサウンド」も搭載した。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365

関連リンク

関連記事