東芝、新“REGZA 7000シリーズ”の録画モデルと高画質スタンダードモデルを発売

2008年09月18日

録画モデル「H7000」シリーズ

高画質スタンダードモデル「C7000」シリーズ
(株)東芝は、液晶テレビ“REGZA”シリーズの08年秋冬新製品のラインナップとして、録画モデル「H7000」シリーズ、高画質スタンダードモデル「C7000」シリーズを発表した。

本体に内蔵する300GBのHDD、および外付けのeSATA HDDへの録画機能を搭載するH7000シリーズは、録画機能を搭載するREGZAの原点とも言える“Hシリーズ”のコンセプトを継承するモデル。ラインナップは下記の通り。


42H7000

37H7000

32H7000
H7000シリーズ
・「42H7000」(42V型)/10月下旬発売/¥OPEN(予想実売価格330,000円前後)
・「37H7000」(37V型)/10月下旬発売/¥OPEN(予想実売価格240,000円前後)
・「32H7000」(32V型)/10月下旬発売/¥OPEN(予想実売価格190,000円前後)

画面サイズ別のモデル展開は、春夏モデルのRH500シリーズと同様。本体にはユーザー自身で交換が可能な東芝製2.5インチ300GBのHDDを内蔵する。パネルは42V型モデルがIPS方式の半光沢処理を施した広色域10ビット駆動対応フルHD倍速液晶パネルを搭載。 37V型はIPS方式のアンチグレア処理フルHDパネル、32V型がVA方式の半光沢処理ワイドXGA(1366×768画素)ハイビジョンパネルを搭載している。HDMI入力は全モデルが1080/24pの映像信号入力に対応するVer.1.3a端子を3系統備え、レグザリンクによる機器連動操作も可能。42V型のみ、x.v.ColorやDeepColorの信号入力にも対応している。ダイナミックコントラストは42V型が11,000対1、37V型が13,000対1、32V型が30,000対1。

チューナー構成は地上・BS・110度CSデジタルを2基のほか、秋冬モデルの中で本シリーズのみが地上アナログチューナーをダブルで搭載する。EPGは「レグザ番組表・ファイン」。


REGZAの元祖・録画モデルならではの充実した機能を搭載した「H7000」

本体に搭載する映像処理エンジンは42V型モデルが「パワー・メタブレイン」で、「フルHD・モーションクリア」をはじめ、「パワー・質感リアライザー」「パワー・ディテールリアライザー」「階調クリエーション」など、高画質技術を採用。24コマ/秒の各コマを5コマずつリピートし120コマ/秒表示する「5-5フィルムモード」も搭載する。

37V/32V型のH7000シリーズは画像処理システムに「新メタブレイン・プロ」を採用。「質感リアライザー」、および「ディテール・リアライザー」「階調クリエーション」などの高画質技術を搭載している。

なお、H7000/C7000シリーズには「超解像技術」が搭載されていないため、両シリーズには“超解像処理の最適化”等を含まない、通常の「おまかせモード」が採用されている。本機能により、ユーザーの視聴環境や画面に映し出される映像信号の内容をテレビがリアルタイムに自動解析し、映像を常時最適な画質で楽しむことができる。

REGZAの元祖・録画モデルならではの充実した録画機能も装備。EPGは視認性の高い「レグザ番組表・ファイン」を搭載。リモコンには「録画」ボタンや「今すぐニュース」「ちょっとタイム」の各ボタンを配置し、手軽な録画操作を実現している。また「録画リスト」ボタンで録画した番組を一覧表示し、ジャンル別や連ドラ別に録画済みの内容を表示できる手軽な番組検索を可能にしている。録画内容の早見早聞再生は1.5倍速対応。

本体に増設したeSATA HDDへの直接録画や、S映像入力/コンポジット映像経由での外部入力録画も可能。「ダビング10」にも対応しており、ダビング10運用番組は、テレビからHDDに録画した番組を、本体搭載のデジタル放送録画出力端子(S映像/コンポジット)経由でDVDレコーダーなどに接続し、アナログSD画質でダビングできる。なお、DLNAやインターネット機能には対応していないため、同社のレコーダ“VARDIA”シリーズとの連動機能やアクトビラ/ひかりTVなどVOD視聴機能は搭載していない。

本体内蔵のサウンドシステムは、軽量・高剛性が特徴の竹繊維スピーカーとクラスDデジタルアンプを組み合わせた“新レグザオーディオ”。上位のシリーズが採用する「AUDYSSEY EQ」や「ドルビーボリューム」「おまかせドンピシャ高音質」などの機能は採用されていない。


REGZAの高画質が楽しめるスタンダードモデル「C7000」

今回発表されたREGZAの新しい秋冬モデルの中で、録画機能を搭載していないC7000シリーズだが、映像処理回路「新メタブレイン・プロ」や「おまかせモード」の搭載により、REGZAならではの高画質が楽しめる、コストパフォーマンスの高いスタンダードモデル。ラインナップは下記の通り。


42C7000

37C7000

32C7000
C7000シリーズ
・「42C7000」(42V型)/10月中旬発売/¥OPEN(予想実売価格240,000円前後)
・「37C7000」(37V型)/10月中旬発売/¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
・「32C7000」(32V型)/10月中旬発売/¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)

本シリーズも画面サイズ別のラインナップは、春夏モデルのCV500シリーズと変わらない。パネルは42V型・37V型のモデルがIPS方式のアンチグレア処理フルHDパネル。32V型はVA方式の半光沢処理ワイドXGA(1366×768画素)半光沢パネル。HDMI入力は1080/24pの映像信号入力に対応するVer.1.3a対応の端子を3系統備え、レグザリンクによる機器連動操作も可能。ダイナミックコントラストは42V型が13,000対1、37V型が13,000対1、32V型が18,000対1。

チューナー構成は地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログチューナーを各1基搭載する。EPGは「レグザ番組表・ファイン」。DLNAやインターネット機能には対応していない。

画像処理システムに「新メタブレイン・プロ」を採用し、「質感リアライザー」や「ディテール・リアライザー」「階調クリエーション」などの高画質技術を継承している。「おまかせモード」もスタンダードモデルながら搭載し、ユーザーの快適な映像視聴をテレビが自動でサポートする。

本体内蔵のスピーカーは、軽量・高剛性が特徴の竹繊維スピーカーとクラスDデジタルアンプを組み合わせた“新レグザオーディオ”で、H7000シリーズ同様、「ドルビーボリューム」「おまかせドンピシャ高音質」などの機能は省略されている。

なお、今回発表されたシリーズの中で、C7000のみがレグザリモコンをベースに、チャンネルボタンの面積を従来の約1.3倍に大きくした「シンプルレグザリモコン」を採用。地上デジタル放送の番組選局が手軽に行えるようになっている。


シンプルレグザリモコン
外観のデザインについては、上位のZH7000/Z7000シリーズと同様、スタイリッシュなブラック・ブーメランスタンドを採用している。

【問い合わせ先】
東芝家電ご相談センター
TEL/0120-1048-86

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番42H7000
  • 発売日2008年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格330,000円前後)
【SPEC】●サイズ:42V型 ●パネル:フルHD 倍速10bit広色域 IPS方式 ●解像度:1920×1080 ●画像処理システム:パワー・メタブレイン ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2、地上アナログ×2 ●内蔵ハードディスク:300GB ●番組表:レグザ番組表ファイン ●入力端子:HDMI×3、D4映像×1、S映像×2、コンポジット×3 ●出力端子:光デジタル音声 ●その他端子:eSATA、LAN×1 ●消費電力:258W ●外形寸法:1009W×702H×316Dmm ●質量:24.0kg
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番37H7000
  • 発売日2008年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格240,000円前後)
【SPEC】●サイズ:37V型 ●パネル:フルHD IPS方式 ●解像度:1920×1080 ●画像処理システム:パワー・メタブレイン ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2、地上アナログ×2 ●内蔵ハードディスク:300GB ●番組表:レグザ番組表ファイン ●入力端子:HDMI×3、D4映像×1、S映像×2、コンポジット×3 ●出力端子:光デジタル音声 ●その他端子:eSATA、LAN×1 ●消費電力:203W ●外形寸法:902W×640H×266Dmm ●質量:19.0kg
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番32H7000
  • 発売日2008年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格190,000円前後)
【SPEC】●サイズ:32V型 ●パネル:ハイビジョン VA方式 ●解像度:1366×768 ●画像処理システム:パワー・メタブレイン ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2、地上アナログ×2 ●内蔵ハードディスク:300GB ●番組表:レグザ番組表ファイン ●入力端子:HDMI×3、D4映像×1、S映像×2、コンポジット×3 ●出力端子:光デジタル音声 ●その他端子:eSATA、LAN×1 ●消費電力:165W ●外形寸法:786W×575H×266Dmm ●質量:14.5kg
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番42C7000
  • 発売日2008年10月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格240,000円前後)
【SPEC】●サイズ:42V型 ●パネル:フルHD IPS方式 ●解像度:1920×1080 ●画像処理システム:新メタブレイン・プロ ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1 ●番組表:レグザ番組表ファイン ●入力端子:HDMI×3、D4映像×1、S映像×2、コンポジット×3 ●出力端子:光デジタル音声 ●その他端子:LAN×1 ●消費電力:219W ●外形寸法:1009W×702H×316Dmm ●質量:22.5kg
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番37C7000
  • 発売日2008年10月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
【SPEC】●サイズ:37V型 ●パネル:フルHD IPS方式 ●解像度:1920×1080 ●画像処理システム:新メタブレイン・プロ ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1 ●番組表:レグザ番組表ファイン ●入力端子:HDMI×3、D4映像×1、S映像×2、コンポジット×3 ●出力端子:光デジタル音声 ●その他端子:LAN×1 ●消費電力:188W ●外形寸法:902W×640H×266Dmm ●質量:18.0kg
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番32C7000
  • 発売日2008年10月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)
【SPEC】●サイズ:32V型 ●パネル:ハイビジョン VA方式 ●解像度:1366×768 ●画像処理システム:新メタブレイン・プロ ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1 ●番組表:レグザ番組表ファイン ●入力端子:HDMI×3、D4映像×1、S映像×2、コンポジット×3 ●出力端子:光デジタル音声 ●その他端子:LAN×1 ●消費電力:133W ●外形寸法:786W×575H×266Dmm ●質量:13.5kg

関連記事