「第12回パイオニア カーサウンド・コンテスト」デモカー部門の入賞者が決定

2008年09月12日
 9月10日(水)〜12日(金)の3日間にわたって開催されているパイオニア(株)主催「第12回パイオニア カーサウンド・コンテスト」の(関連ニュース)、「ディーラーデモカー部門」の審査および審査発表が9月11日に行われた。

午前中から幕張メッセにて、5名の審査委員による審査が行われ、18時より隣接するホテルニューオータニにて、次のように結果が発表された。


参加点は86店舗、ディーラーカー部門だけで76台ものエントリーがあった。ユーザーカー部門をあわせると143台だという

11日午後6時、三三五五会場に集まる
■ ディーラーデモカー部門 内蔵アンプシステムクラス(入賞1位〜5位)
1位 54.03点 スーパーオートバックス千葉長沼店 来栖秀樹さん VWボーラ
2位 53.73点 スーパーオートバックス東京ベイ東雲 中野寛士さん スズキワゴンR
3位 53.63点 AV KANSAI堺店 藤井俊幸さん ホンダフィット
4位 53.53点 窪田油店クレアーレ 大勝誠さん 日産キューブ
5位 52.40点 CALL松本 佐藤正一さん アウディA4アバント

内蔵アンプシステムクラスの3位入賞者

■ ディーラーデモカー部門 カーシアターシステムクラス(入賞1位〜5位)
1位 56.90点 カーオーディオセンター サウンドエナジー 村上雄二 日産ムラーノ
2位 56.87点 AV KANSAI堺店 村田朋也さん マツダ アテンザスポーツ
3位 55.57点 サウンドワールド 塩谷明則さん トヨタ アルファード

カーシアターシステムクラスの3位入賞者
4位 54.37点 RISE Audio Visual 平野亜哉子さん ダイハツ タントカスタム
5位 54.10点 サウンドカーペンター 仲尾誠さん BMW MINI

■ ディーラーデモカー部門 カロツェリアXクラス(入賞1位〜10位)
1位 59.30点 AV KANSAI堺店 岩元秀明さん BMW530i
2位 57.67点 コルトレーン 堀田信弘さん アルファロメオ156
3位 57.63点 CAR BOUTIQUE SHINE 尾上博之さん BMW335iツーリング

カロッツェリアxシステムクラス(ピュアオーディオ)入賞者が壇上に上がった

入賞者のなかでも栄えある3位までに入ったショップの方々

優勝したAV KANSAI堺店の岩本秀明さん。「課題曲を聴き込んで、ナチュラルな音作りをしました。(どうしても作り込みしてしまうところを)触らない・・・と(自分の耳を)信じてやってきました。」
4位 56.67点 サウンドガレージ浜松 山元浩二さん クライスラー300C
5位56.63点 サウンドステーション ガレージショウエイ 吉岡正浩さん ホンダ フィット 
6位 56.57点 サウンドワールド 重田浩さん トヨタ プリウス
7位 56.37点 カーオーディオショップ エモーション 岡村浩さん プジョー307スタイルブレイク
8位 56.20点 シティロード福山店 中谷隆さん シトロエン C4
9位 56.13点 FIST 山内義幸さん シボレートレイルブレイザー
10位 56.00点 サウンドフリークス 佐藤清人さん BMW 320i ツーリング

優勝者の副賞はなんとプラズマテレビだ!

オーディオ評論家の山之内正氏も審査員のひとり。「演奏家も実際に音楽を聴くのは車の中というケースは非常に多い」「音楽再生は直接音と残響がちょうどよくブレンドされることが大切」など興味深い話を講評で話した

審査発表の後はみんなで乾杯! 12年前に第一回を開催したときは28台の参加だったというが、12年間で143台、86店が参加する大規模なコンテストに成長。会場内は全国の同士たちの語らいの場となっていた


各3位までの入賞者にはトロフィーが贈られると共に、1位獲得者にはパイオニアのプラズマディスプレイPDP-501DHDが、2位にはAVアンプVSA-AX4AH、3位にはAVアンプVSA-AX2AHが贈られた。

発表の後は、講評と得点や参加等に関する分析が発表された。参加した車のサウンドの評価のバラツキが減ってきたことからも、いかにこの12年間でカーオーディオの質が成長しているかが分かった。

12日は引き続き、「ユーザーカー部門」の審査と結果発表が行われる。

(季刊・オーディオアクセサリー編集部)

関連記事