<CEDIA2008:CRESTRON>展示から見えてくる明日のAVネットワークライフ

2008年09月07日
CEDIA EXPOで入り口近くに最大規模のブースを設けているのがCRESTRONだ。日本ではもっぱらホームオートメーションのメーカーとして知られる同社だが、北米では各種AVアンプからメディアサーバー、各種キーパッド、カスタマイズリモコン、そしてもちろんホームオートメーションシステムまでラインアップするトータルソリューションブランドとして、インストーラーからの厚い支持を受ける。

さて、同社のブースでは、非常に興味深い近未来のAVネットワークライフ、「Adagio Digital Media System」の提案がなされていた。BD/DVDのリッピング機能を備えた4TBの大容量サーバー「Adagio Digital Media System」、「ADC-200BR」、「ADMS-BR」(amazon.comやMusic Giants、iTUNESからオンラインで音楽や映画をダウンロードでき、BDチェンジャーにもなる)を中核に、複数のゾーンに映像と音楽を送出するマルチゾーンシステムであり、HDコンテンツのマルチゾーン配信に対応している。

Adagio Digital Media Systemの展示。インストーラーが列をなしていた

BD/DVDのリッピング機能を備え、なおかつBDチェンジャー機能も内蔵したADC-200BR

3ゾーンに音楽を送出することが可能なADMS-BR

もちろん、同社のホームオートメーションシステムと組み合わせることによって、AV機器のみならず、照明やカーテン、シャッター、さらにはセキュリティシステムまで、タッチパネルで操作することが可能である。

同社のブースで展示されていたおびただしい数のウォールマウントタッチパネルと組み合わせれば、ボタンひとつで住まいのどこにいても、快適なAVライフを送ることが可能になるのだ。

CRESTRONブースに展示されていたおびただしい数のウォールマウントタッチパネル

ソニーのHomeshareHDと同様に、今後のネットワークライフが目に浮かぶような提案である。

(ホームシアターファイル編集部・川嶋)

関連記事