エントリー機とミドルクラス機の2製品

オンキヨー、「ドルビープロロジックIIz」搭載機などAVアンプ2機種を国内投入

Phile-web編集部
2009年04月10日
オンキヨー(株)は、「ドルビープロロジックIIz」を採用した「TX-SA607」など、エントリー/ミドルクラスのAVアンプ2機種を4月24日より発売する。詳細は下記の通り。

・「TX-SA607」 ¥84,000(税込)
・「TX-SA507」 ¥63,000(税込)

TX-SA607(シルバー)

TX-SA607(ブラック)


TX-SA507

■両機種共通の特徴

両機種ともにHDMI ver.1.3aに対応。x.v.Colorに加え36ビットのDeep Colorに対応している。同社のエントリークラス機としてHDMI ver.1.3aに対応したのは「TX-SA507」が初めて。「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」などHDオーディオにも対応している。

HDMI端子を活用した「RI HD」機能を搭載し、ハイビジョンTVなどとのシステム連動が可能。電源スタンバイ連動や自動入力切換え、TVのリモコンによる本機のボリューム調整とテレビスピーカー/シアタースピーカーの再生切換えが行える。対応機器との接続確認とリンクの設定を自動で行える「RIHD自動検出設定」も装備されている。なお、レグザリンクに対応した東芝“REGZA”との組み合わせでは、独自のコントロールコマンドによりHDMI入力拡張切換えの操作も可能だ。

回路間での電気的・電磁的なノイズ干渉を抑えることができるよう、プリアンプ部とパワーアンプ部を分離してレイアウト。さらに、パワーアンプ回路は、ICチップに頼らずパーツを吟味して自在に回路設計ができるディスクリート構成を採用しているほか、充分な電流容量をもつ銅バスプレートを採用して、電源供給効率の向上とアース電位の超安定化を実現しているという。

筐体には、楕円状のプレスラインを設けた新設計「オーバルシャーシ」を採用。底面の強度を高め、振動の折り返しを分散させることで振動によるノイズ発生を抑制する。

自動音場補正機能「Audyssey 2EQ」および自動音量補正機能の「Audyssey Dynamic Volume Technology」を搭載。TV番組放送時の本編とCM時に発生する音量差などを自動で補正する。

■新技術「ドルビープロロジックIIz」採用の「TX-SA607」

「TX-SA607」は新技術の「ドルビープロロジックIIz」を世界で初めて採用したAVアンプ。3月にOnkyo USAより海外発売がアナウンスされていた製品(関連ニュース)の国内投入が正式発表された格好だ。

「ドルビープロロジックIIz」は、フロントL/Rスピーカーの上部に設置するフロントハイスピーカーを加えることで、これまでのサラウンドシステムの水平方向の表現に加え、垂直方向も含む三次元的な空間表現が可能な新フォーマット。

本機には7チャンネルのパワーアンプを搭載。定格出力は各チャンネル120W(6Ω、20Hz〜20kHz、THD0.08% 以下、1ch 駆動時)で、実用最大出力は各チャンネル185W(6Ω、1kHz、1ch 駆動時)。ダイレクトモード時の周波数特性は5Hz〜100kHz。

7chパワーアンプと9chスピーカー出力端子を装備しているため、フロントハイとサラウンドバックの両方のスピーカーを同時に接続した状態でも、従来の7.1ch環境と、サラウンドバックの代わりにフロントハイを使用した状態の7.1ch環境を切り換えることができる。

HDMI端子を入力用に6系統、出力用に1系統装備。HDMIビデオアップスケーリングに対応しており、アナログ入力の映像信号を1080iや720p信号等にしてHDMI端子から出力できる。

カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色を用意している。

■5チャンネルのパワーアンプを搭載した「TX-SA507」

「TX-SA507」は5チャンネルのパワーアンプを搭載。定格出力は各チャンネルル100W(6Ω、20Hz〜20kHz、THD0.08% 以下、1ch 駆動時)で、実用最大出力は各チャンネル160W(6Ω、1kHz、1ch 駆動時)。ダイレクトモード時の周波数特性は5Hz〜100kHz。

HDMI端子は入力4系統、出力1系統を装備。カラーバリエーションはシルバーのみでの展開だ。

「DTS Surround Sensation」と「Theater-Dimensional」を搭載しており、前方のスピーカーだけでもバーチャルサラウンド音場が楽しめる。そのほか、Pure Audioモードも搭載している。

【問い合わせ先】
オンキヨーコールセンター
TEL/050-3161-9555

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドONKYO
  • 型番TX-SA607
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥84,000(税込)
●実用最大出力;185W×7(6Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz ●HDMI端子:入力6/出力1 ●映像入出力端子:D4入力2/出力1、コンポーネント入力2/出力1、コンポジット入力5/出力2 ●音声入出力:デジタル入力4、アナログ入力8/出力2、7chプリ出力1、サブウーファープリ出力2 ●外形寸法:435W×176H×329Dmm ●質量:11.8kg
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドONKYO
  • 型番TX-SA507
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥63,000(税込)
●実用最大出力;160W×5(6Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz ●HDMI端子:入力4/出力1 ●映像入出力端子:D4入力2/出力1、コンポーネント入力2/出力1、コンポジット入力4/出力2 ●音声入出力:デジタル入力4、アナログ入力7/出力2、サラウンドバックプリ出力2、サブウーファープリ出力2 ●外形寸法:435W×151.5H×329Dmm ●質量:9.5kg

関連記事