八木アンテナ、地デジ弱電界地域に対応する屋外用UHFアンテナを発売

  • Twitter
  • FaceBook
2007年11月09日

US-LD14CR
八木アンテナ(株)は、地デジ弱電界地域にも対応する14素子UHFパラスタックアンテナ「US-LD14CR」を11月26日より発売する。価格は11,235円(税込)。

本製品は、受信周波数帯域を、関東・中京・近畿の三大都市圏を中心とした多くの地域で使用されている地デジ放送チャンネル(UHF13〜36ch)の低域に限定した専用設計を採用。従来の同社製UHFオールチャンネル用20素子を超える高利得を実現するとともに、全長1145mmの小型化(従来比約60%、700mm短縮)を実現している。

また、パラスタック配置の導波素子、大型コーナーリフレクターを採用することで、鋭い指向性と高い前後比を獲得しているという。付属のマスト取付金具は、取付時にコの字ボルトが倒れない構造を採用し、作業性に配慮したつくりとなっている。

【問い合わせ先】
八木アンテナ(株)
TEL/03-6734-9512

(Phlie-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドYAGI
  • 型番US-LD14CR
  • 発売日2007年11月26日
  • 価格¥11,235(税込)
【SPEC】●素子数:14 ●受信チャンネル:13〜28ch、29〜36ch ●出力インピーダンス:75Ω(F形) ●動作利得:11.0〜13.5dB、10.5〜13.5dB ●電力半値幅:±20〜±15度 ●前後比:18〜23dB ●外形寸法:500W×510H×1145Dmm ●適合マスト径:Φ22〜48.6mm ●質量:約2.5kg

関連記事