ソニーとサンディスク、業務用ビデオカメラ向け高速・大容量メモリーカードを開発

2007年04月16日

SxSメモリーカードのイメージ
ソニー(株)とサンディスクコーポレーションは、業務用ビデオカメラ向け大容量メモリーカードの技術仕様として、ExpressCard規格を採用し、高速転送技術を用いた「SxSTM(エス・バイ・エス)メモリーカード」を共同で策定することに基本合意した。

このSxSメモリーカード仕様はExpressCard規格に準拠しており、高速なPCIExpressインターフェースを通じて信号を変換せずにデータを高速で直接転送することが可能となる。

なお、同仕様に基づいたSxSTMメモリーカードはソニー製業務用カムコーダー、“XDCAM EXTM”シリーズで採用される予定。SxSTMメモリーカードの出荷は2007年中を予定している。

(Phile-web編集部)

関連記事