PS3の日本国内向け累計生産出荷台数が100万台を達成

2007年01月16日

PS3
(株)SCEIは、同社が発売する「プレイステーション3」の日本国内市場向け累計生産出荷台数(アジア地域向けを除く)が、1月16日付で100万台に達したことを発表した。

PS3は2006年11月11日に日本及び北米で発売され、約2カ月で全世界生産出荷累計は200万台を達成したことになる。これは同社がこれまでに導入してきたプラットフォームの中でも最速の立ち上げだという。

なお、2006年12月末の時点で、PS3用ソフトの累計生産出荷数量は日米合計で500万本を超えたという。

また、PLAYSTATION Networkの登録アカウントは日米合計で50万人を超えている。加えて、同サービス内のPLAYSTATION Storeで2006年12月24日に無料ダウンロード配信を実施した「グランツーリスモHDコンセプト」は、配信開始から20日間での日米累計30万超のダウンロードを記録したという。

同社はこのような事例をふまえ、「プレイステーション2、PSP及びPS3の各プラットフォームの一層の拡大・充実を図り、ゲーム・音楽・映画が融合した新しいコンピュータエンタテインメントの世界の創造を協力に推進していく」とコメントしている。

(Phile-web編集部)

関連記事