東芝、世界初のHD DVD-Rドライブ搭載ノートPC「Qosmio G30/97A」など発売

2007年01月15日

Qosmio 新ラインナップ

dynabook 新ラインナップ
(株)東芝は、世界で初めてHD DVD-Rドライブを搭載した「Qosmio G30/97A」やdynabookシリーズ新モデルなど、Windows Vista搭載PC 7機種15モデルを1月30日に発売する。

発売するのは、AVノートPC“Qosmio”2機種6モデル、ノートPC“dynabook”が3機種5モデル、モバイルノートPC“dynabook SS”が2機種4モデル。それぞれの型番と仕様、予想実売価格と発売日は以下の通り。

シリーズ/モデル名 OS 発売時期 予想実売価格
AVノートPC Qosmio G30 G30/97A

Windows Vista Home Premium

2月下旬 40万円前後
G30/95A 2月上旬 28万円前後
Qosmio F30 F30/87A 26万円前後
F30/87ABL(ブラック) 26万円前後
F30/85A 23万円前後
F30/83A 20万円前後
ノートPC dynabook TX TX/67A 1月30日 21万円前後
TX/66A 18万円台半ば
dynabook AX AX/55A Windows Vista Home Basic 16万円前後
dynabook CX CX/47A 19万円前後
CX/45A 17万円前後
モバイルノートPC dynabook SS MX MX/27A 20万円前後
MX/25A 18万円前後
dynabook SS SX SX/17A Windows Vista Business 22万円前後
SX/15A 21万円前後


「Qosmio」シリーズ全モデルには、自社開発の小型地上デジタルテレビチューナーを搭載。最上位機の「Qosmio G30/97A」は、世界で初めて記録型のHD DVD-Rドライブを搭載したPCとなる。HD DVDディスクの再生が可能なほか、地上デジタル放送の録画番組やハイビジョンビデオカメラで撮影したハイビジョンムービーを、HD画質のまま HD DVD-Rメディアへ書込むことができる。

Qosmio G30/97A

付属のリモコンは新たにMedia Centerボタンを搭載


録画した地デジ番組の他、HDビデオカメラの映像もHD DVD-Rに残せる

映像の取り込み、編集、ディスク作成が行えるソフトを同梱

HD DVD-ROM再生には「Win DVD forTOSHIBA」を使う
搭載するHD DVD-Rドライブでは、現在のところ1層15GBのHD DVD-Rメディアにのみ対応。ただし、2層30GBメディアに対応するアップデートプログラムも後日配布される予定だ。

液晶には17型ワイド WUXGA (1,920×1,200ドット)を採用したほか、デュアルコアCPUや大口径harman/kardon製のバスレフ型ステレオスピーカー、1bitデジタルアンプを搭載するなど、こだわりの仕様を備えている。


テレビ視聴/録画は従来通り「Qosmio AV Center」で行う

AV Centerの「番組ナビ(EPG)」

Windows Media Centerからはテレビ機能が削除されている
なお、今回発売の前モデルには、最新版のMicrosoft Office Personal 2007、デジタルノートソフトウェアMicrosoft Office OneNote 2007を搭載している。また、従来のPCの設定環境やデータをWindows Vistaに移行するためのソフトウェア「PC引越ナビ Ver3.0」や、Windows Vistaの基本的な機能や操作方法をわかりやすく説明する「できるdynabook」もプレインストールしている。

【問い合わせ先】
東芝PCあんしんサポート
通話料無料 0120-97-1048

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番上記参照
  • 発売日2006年1月30日から順次
  • 価格上記参照

関連記事