<会田肇のCES2007レポート>フルHD“Everio”の詳細がついに明らかになった

2007年01月12日
世界初のフルHD記録を可能にしたHDDビデオカメラ

昨年のCEATECで初お披露目となり話題を呼んだビクターのフルHDビデオカメラ“Everio”GZ-HD7が、CES開催に合わせてラスベガスにあるシーザーズパレスホテルにおいて発表された。記録メディアは60GB・HDDで、1920×1080iのフルHD記録を実現。3種類ある画質モードでもっとも高画質なモードを選ぶと約5時間が記録できるという。


ボディカラーはブラックのみ。日本市場向けにはシルバーが用意されるとの噂も伝えられている。レンズはF1.8〜1.9のかなり明るいレンズを採用している

モニターは2.7型ワイドで、ピーキング表示によってフォーカスのマニュアル操作がしやういものとなっている。もちろんHD→SDへのダウンコンバート機能も備える
カメラ部分はかなり本格的で、レンズに業務用ビデオカメラでも高評価を得ているFUJINONレンズを採用。これに1/5型プログレッシブスキャンの3CCDと光学手振れ補正機能の組み合わせ、撮像素子の画素ずらしによりフルHD解像度を得ている。カメラとしてのマニュアル機能も充実しており、マニュアルフォーカスリング、シャッター速度優先、絞り優先にも対応。さらにフォーカスアシストとしてピーキング表示機能も備えている。

画質面では新たに『HDギガブリッド』エンジンを開発し、画質面でのレベルアップに大きく貢献したという。ただ、発表会場ではデモ機が展示されたものの、動作が安定する状態にはなっていないらしく、実際に触れることはできずじまい。ただ、レンズからファインダーまで一直線で構成された本体のデザインは、ビデオカメラとしての撮影のしやすさをうかがわせるし、何よりも失敗をほとんど気にすることなく撮影に専念できるHDDの大容量化はありがたい。価格は$1800で発売は4月頃になるとのことだ。


HD7の下にあるのがDVDライター・CU-VD40。完全なドック型スタイルとなっており、HD7の接続はワンタッチで行える。PCなしでHDデータが保存できるメリットは大きい
HD映像をデータとしてDVDに保存するDVDライター

もう一つ見逃せないのが同時発売されるDVDライター・CU-VD40の存在だ。これまではHDDに記録した映像をそのままMPEG2で保存したが、今回はHD映像だけにDVDでは収まりきれない。そこでHDで記録した映像をデジタルデータとしてDVDメディアに保存。再生するときはDVDライターを通すことで再生可能となる方法を採用した。DVD-R/RW以外にもDVD-R DLにも対応。ちなみにこのDVD-R DLを使った場合の記録では約40分に相当するデータが保存できるという。また、VD40にはHDMI出力も用意されている。こちらは$400で、HD7との同時発売となる。

(会田肇)

ces2007

関連記事