ビクター、高精細D-ILAデバイス採用の「ビッグ スクリーン エグゼ」を発表

2005年04月07日

61V型プロジェクションテレビ「HD-61MD60」
日本ビクター(株)は、独自開発のD-ILAデバイスを採用した大画面プロジェクションテレビ「ビッグ スクリーン エグゼ」シリーズの新製品2機種を発表した。ラインナップは下記の通りとなる。

■61V型プロジェクションテレビ「HD-61MD60」/2005年5月中旬発売/\787,500(税込)
■52V型プロジェクションテレビ「HD-52MD60」/2005年5月下旬発売/\682,500(税込)


52V型プロジェクションテレビ「HD-52MD60」
同社は新しい「ビッグ スクリーン エグゼ」シリーズについて、プラズマ、液晶テレビに続く「第3の大画面テレビ」として同社の薄型大画面テレビのラインナップに位置づけていく。


21型ブラウン管テレビよりも薄い奥行き47.0cmを実現
大型の61V型モデルについては、使用時における209Wの消費電力を実現したことによる省エネルギー設計と、奥行きが21型ブラウン管テレビよりも薄い47.0cmを実現したことによるコーナースペースへの設置を簡易にした点が訴求されており、さらに本体質量が46.3kgという軽量設計についても強調されている。


D-ILA素子の構造図

0.7インチD-ILA素子を採用し、明るく高精細な画面を実現した
両モデルともに、ビクター独自の映像処理LSI「GENESSA(ジェネッサ)」を搭載し、明暗部の再現性を高め、色彩感の豊かな映像を実現している。画像解像度は1,280×720表示に対応する。

反射型による高い光利用効率を活かすため、110W UHPランプを採用し高輝度映像を実現する。ランプの交換も全面のスピーカーグリルを外して簡単に行うことができるため、長きに渡って高輝度映像を楽しむことができる。

チューナーは地上アナログ・デジタル、BSアナログ・デジタル、110度CSデジタルそれぞれを搭載し、それぞれに対応するEPGを搭載。HDMIを含む、豊富な入力端子を備えている。


ビクター独自開発のオブリコーンスピーカーを搭載し高音質再生を実現

HD-61MD60のリモコン
ホームシアターを華やかに彩るテレビとして、その「音」にも同社ならではのこだわりが盛り込まれた。本機は画面の下側にスピーカーを配置するアンダースピーカータイプの設計だが、同社のスピーカー製品開発により培った技術を活かし、高音質のオブリコーンスピーカーを採用し、音の上位定位を実現している。また、音声の再生機能として、テレビ番組の音声部分を聴きやすくするための「ゆっくりトーク」「はっきりトーク」を搭載し、人にやさしいテレビをアピールする。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株)
お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-2828-17

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番HD-61MD60
  • 発売日2005年5月中旬発売
  • 価格\787,500(税込)
【SPEC】●受信チャンネル:VHF/UHF/地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル/CATV ●画面サイズ:61V型 ●表示画素数:1,280(水平)×720(垂直) ●映像入力端子:D4×1、コンポーネント×1、コンポジット×3、S映像×3 ●その他の主な端子:HDMI、iLink×2、光デジタル音声出力、LAN、電話回線 ●音声出力:10W+10W ●消費電力:209W ●外形寸法:1,456W×1042H×470Dmm ●質量:46.3kg
  • ブランドVICTOR
  • 型番HD-52MD60
  • 発売日2005年5月下旬発売
  • 価格\682,500(税込)
【SPEC】●受信チャンネル:VHF/UHF/地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル/CATV ●画面サイズ:52V型 ●表示画素数:1,280(水平)×720(垂直) ●映像入力端子:D4×1、コンポーネント×1、コンポジット×3、S映像×3 ●その他の主な端子:HDMI、iLink×2、光デジタル音声出力、LAN、電話回線 ●音声出力:10W+10W ●消費電力:209W ●外形寸法:1,264W×914H×412Dmm ●質量:39.8kg

関連記事