<山之内 正のCES2004レポート 2>Windowsメディアセンターが機能を拡張、メディアセンター・エクステンダーをデモ

2004年01月10日
テレビの上に載った、MSメディアセンター・エクステンダー(左)。ゲートウェイ製の液晶テレビで実際にデモ(写真右)
●マイクロソフトが家庭のAVエンタテインメント分野への参入に意欲を見せているのはご存知の通り。昨秋登場したWindowsメディアセンターエディションでは、音楽再生やテレビ録画などのAV機能を、共通の画面インターフェースでリモコン操作できる新機能を実現。マウスとキーボードから開放された簡単操作でAV機器の使いやすさをアピールした。

そのWindowsメディアセンターの機能をさらに拡張し、パソコンの映像や音楽データを家庭内ネットワークを利用してテレビやオーディオで再生する機能を実現する。メディアセンター・エクストラと名付けられたこの新機能によって、パソコンとAV機器の垣根を取り払おうというのが大きな狙いである。

実際には、同機能に対応したセットトップボックス(メディアセンター・エクステンダー)が必要になるなど、メディアセンター機能を積んだパソコンだけでは利用できない。今回のデモンストレーションでは、PCメーカーながら家電分野への参入を目指しているHP、ゲートウェイなどがメディアセンター・エクステンダーを提供し、リモコン操作で音楽再生や録画済番組の再生をコントロールする様子をシミュレーションしていたが、これらの機器の発売にはもう少し時間がかかりそうだという。

家庭用テレビの例として、最近急速に売れ行きを伸ばしているゲートウェイ製の液晶テレビを使っていたのが印象的だった。

(山之内 正)

[ces2004]

関連記事