シャープ、ホーム用DLPプロジェクターの新しいフラグシップモデルを発売

2003年10月17日
XV-Z11000
●シャープ(株)より、最新のDMD素子「DMD HD2+」チップを採用し、5500対1の高コントラスト比を実現したホームシアター用プロジェクターの新しいフラグシップモデル「XV-Z11000」が11月1日に発売される。価格は98万円。

本機は前モデルの「Z10000」に搭載されたDMD素子「HD2」よりも、光の有効利用率を大幅に高めた「HD2+」デバイスを搭載。加えてレンズ構成・絞り機構・ランプ出力などを先端技術の駆使とともに大幅改良した新光学エンジンを搭載することにより、5500対1の優れたコントラスト比を実現した。これにより、フィルムクオリティの高品位で繊細な表現力と、高品位な色の再現力を獲得し、あらゆる映像を広いダイナミックレンジで階調豊かに再現する。デバイスは1280×720画素と、地上デジタル放送のスタートや大容量ブルーレイディスクの高精細映像の再生に万全の構えとなる実力を備えた。また同社独自の高性能画像処理LSIを搭載し、信号入力からデバイスへの出力までの全てのデジタル画像処理機能を1チップに集約。通常のビデオソースからPCデータ、ハイビジョン映像、映画フィルムソースなど、様々な映像信号を高画質表示できる。

高色純度ランプシステムは高出力270Wランプの潤沢な光量を使い、RGBの3原色の高い色純度を実現。正確な再現が困難とされている赤色も、高色純度設計によりスクリーン上に「真紅」を再現する。また、従来のRGBRGBの6つのフィルターに加え、より明度の低い緑のフィルターを追加した7セグメントNDカラーホイールを採用した新しいNDカラーホイールを搭載する。

その他にも、マニアライクなRGB独立のガンマ調整、ゲイン調整、オフセット調整や、カラーマネージメント機能など豊富な画質調整機能を搭載している。調整した数値は「メモリーポジション機能」により保存が可能であり、「標準」「ナチュラル」「ダイナミック」の3つのデフォルトポジションも備える。インターフェースには「DVI-I」端子を搭載し、次世代の高品位デジタル映像の再生に対応する。設置性については1.35倍手動ズームレンズと上下レンズシフト機構により自由度を高めている。

【問い合わせ先】
シャープ(株)
お客様相談センター 
西日本相談室 TEL/06(6621)4649
東日本相談室 TEL/043(297)4649

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSHARP
  • 型番XV-Z11000
  • 発売日2003年11月1日
  • 価格\980,000
【SPEC】
●表示デバイス:(サイズ)0.8型 DMD 素子×1枚、(駆動方式)DLP方式、(画素数)1280×720
●レンズ:1.35倍手動ズームレンズ F 2.5〜8 f=32.5〜44.0mm
●ランプ:270W SHP
●明るさ:900ルーメン(高輝度モード)
●コントラスト比:5500対1(高コントラストモード)
●投映画面:40〜300型
●投映距離:40型(1.6〜2.2m)、100型(4.0〜5.5m)、300型(12.2m〜16.5m)
●消費電力:最大365W(リモコン待機時0.1W:100V時)
●映像入力端子:コンポーネント×2、DVI-I×1、S端子×1、コンポジット×1、コンピュータ入力×1系統(DVI-I/コンポーネント共用)
●その他の端子:RS-232C端子、DC12V、ワイヤードリモコン
●外形寸法:475W×178H×406Dmm 突起部除く
●質量:約9.4kg

関連記事