ビクター、スピーカー「SX-L」シリーズのフラッグシップモデルを発売

2003年10月14日
「SX-L9」/ミッドレンジユニットが採用した「オブリコーン」
●日本ビクター(株)は、「SX-L」シリーズのフラッグシップモデル「SX-L9」を12月1日より発売する。価格は1本 600,000円だ。

本機は、オブリコーン方式採用の新開発口径18cmミッドレンジユニットを搭載。オブリコーン方式は、振動板の中心をオフセンターすることにより音質阻害要因を低減させる同社独自の技術だ。ピュアアルミ振動板には音質チューニングのために純金プレーティングを施し、さらに、中心をオフセンターしたオブリキャップと組合せ、これらを大口径ボイスコイルと磁束密度13,000ガウスのアルニコ磁気回路で強力に駆動する。音楽の主音域である中域をすべてカバーし、躍動感や静寂感を余すことなく再現が可能だ。

またウーハー振動板には高剛性と高伝搬速度を両立させたSPパルプを採用。密閉型キャビネットには独自のプレッシャー・イコライジングチューブを装備し、背圧による音質阻害要因をコントロールすることで、正確な音程と豊かな重低音を再現する。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株)
お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-2828-17

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番SX-L9
  • 発売日2003年12月1日
  • 価格\600,000(1本)
【SPEC】●種類:3ウエイ3スピーカー、密閉型 防磁形(JEITA) ●使用スピーカー:低域用 30cm コーンスピーカー、中低域用 18cm コーンスピーカー、高域用 2.5cm ドームスピーカー ●定格入力(JIS):45W ●最大入力(JIS):180W ●定格インピーダンス:4Ω ●再生周波数帯域:25Hz〜70,000Hz ●出力音圧レベル:90dB/W・m ●クロスオーバー周波数:200Hz、3,000Hz ●外形寸法:390W×1078H×480D mm(スピーカーターミナル、サランボード含む) ●質量:70kg(1本)

関連記事