<Hi-End Show Tokyo 2003>DYNAUDIO 新モデル/CEC ハイCPパワーアンプ

2003年10月10日
Audienceシリーズ新モデル「52SE」/「CD330」(上)と「AMP3300」
●今年から名前も新たに、専門代理店となったディナウディオ・ジャパンのブース。Contourシリーズなどのお馴染みのモデルに加え、ショウ当日に届いたという新製品がお目見えした。Audienceシリーズの新モデルとなる「52SE」だ。「52」のスペシャルエディションである本機は\190,000前後で10下旬から11月上旬に発売される予定だ。

CECブースの要注目製品は、パワーアンプ「AMP3300」。5万円という価格を疑うほどの実力を持ったハイコストパフォーマンス・モデルだ。筐体はブラックで、特長のあるボリュームツマミが特長だ。本機に合わせ、同社CDプレーヤー「CD3300」のブラックバージョンも登場し、ウィーンアコースティック「Model T-5」を鳴らすデモンストレーションも好評のようだ。また、同社のベルトドライブ技術を搭載したCDプレーヤー「TL51XZ(\150,000)」も登場し、さらにワンランク上の音を聴かせてくれる。

[hiendshow2003]

(Phile-web編集部)

関連記事