ビクター、スリムなボディのDVDオーディオ・ビデオプレーヤーを発売

2002年10月16日
XV-A550
●日本ビクター(株)は、高音質&高画質に加え、ラックへの収納をより手軽にする高さ55mmのスリムデザインを実現したDVDオーディオ・ビデオプレーヤー「XV-A550」を発売する。発売日は11月11日、価格はオープンだが、4万円前後での販売が予想される。

本製品では同社独自の「192kHz/24bit対応 PEM・DDコンバーター」が6チャンネルすべてに採用され、チャンネル間クオリティの均一化、ダイナミックレンジ110dB以上の高音質が実現された。また、可聴帯域内ノイズを大幅に低減させる4次ノイズシェーパー「NEW VANS」を採用したほか、本来は44.1kHzであるCDの音声信号を2倍の88.2kHzにアップサンプリングし、再生周波数帯域を伸ばすなどの機能を施し、高音質再生を可能にしている。

映像再生の面では「デジタルダイレクトプログレッシブ」回路が搭載されたことによって、プログレッシブ映像をインターレースに変換することなく、そのままプログレッシブの処理をして出力。緻密で美しい映像再現を可能にし、また映画ソフトの再生時に気になる字幕のスダレ現象も低減させることに成功した。さらにディスクに記録されている映像信号の中の色信号分解能を高める処理を行ったのち10bit/54MHzの映像DACから出力することにより色の再現性を向上させたほか、映画フィルムの微妙な質感を調整できる「VFP(ビデオ・ファイン・プロセッサ)」も搭載している。

本製品ではDVD AUDIO、DVD VIDEO、VIDEO CD、DVD-R(ビデオモード)に加え、MP3やJPEGフォーマットで記録したCD-R/RWディスクの再生も楽しめる。また再生を中断したりディスクを取り出したりしても、ディスクごとに中断した位置を記憶し、ビデオテープ感覚で続きが見られる「ディスクリジューム」や、見逃したシーンをボタン1つで約10秒前にさかのぼって再生する「ちょっと見バック」など、便利な機能も搭載されている。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番XV-A550
  • 発売日11月11日
  • 価格\OPEN(予想実売価格4万円前後)
【SPEC】
●再生可能ディスク:DVD AUDIO、DVD VIDEO、VIDEO CD、CD-DA、DVD-R(ビデオモード)、MP3(CD-R/CD-RW )、JPEG(CD-R/CD-RW)
●出力端子:オーディオ アナログ(5.1ch)x1、光デジタルx1、同軸デジタルx1、D2端子x1、コンポーネント端子x1、S端子x1、コンポジット端子x1
●消費電力:14W(電源ON時)、1.8W(STANDBY時)
●外形寸法:435Wx55Hx258D mm
●質量:2.4kg

関連記事