最新!音楽配信情報。ビクターが会員制のサイトを開始

2000年08月28日
●ビクターエンタテインメントは、5月1日から「試聴音源」の無料ダウンロードを実験的に展開しているが、同社では、このサービスがプロモーションツールとして効果的であると確認。ネットワーク技術がさらなるパッケージの需要拡大につながることを検証するため、内容を発展させて新たに有料ダウンロードを開始し、会員制による音楽配信サイト「なあ!(na@h!)」を立ち上げ、実験のフェーズUを展開する。

<会員制音楽配信サイト「なあ!(na@h!)」>
○実験期間
平成12年8月23日〜12月末日
○運用方法
会員制(会費無料)によるクローズド
○会員数
1万名(予定)
○会員のメリット
・どこよりも早い新曲の試聴
・発売情報・特典情報・ライブ情報などの各種メールサービス
・楽曲のダウンロード(有料・無料) 
・有料ダウンロード楽曲のプロモーションビデオ視聴  ほか
○会員募集について
同社ホームページ上で募集案内、新聞、雑誌での告知、懸賞サイト/マガジンとのタイアップ(入会キャンペーンの実施)
○有料ダウンロード予定楽曲
8月23日発売以降のシングルタイトル曲を中心に選曲
○有料ダウンロード配信価格
一曲350円を中心に展開(税込み:価格については楽曲毎に決定)
○配信システム・フォーマット・課金及び決済方法
有料・無料配信ともArcstar MUSICと提携し、スタート時点ではWMT方式で配信を開始。その後、松下電器産業との技術連携によるEMDLB方式および、他の有力配信方式も追加採用予定。なお、課金及び決済方法については各配信方式が採用しているシステムに準拠。
○今後のスケジュール
8月7日から会員募集(http://www.jvcmusic.co.jp)、8月23日から 「なあ!(na@h!)」サイトオープン(http://naah. jvcmusic.co.jp)、有料ダウンロード配信開始、無料ダウンロード配信はこれまでの継続、12月末日に実験終了。
(Senka21編集部)

関連記事