HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

「DRAGONFLYは一般層にまで届いた」

AudioQuest、ヘッドホンに参入へ − アジア・パシフィック担当幹部インタビュー

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2013年02月22日
高いクオリティを誇るオーディオケーブル、AVケーブルを世に送り出してきた米国AudioQuest(オーディオクエスト)社。同社のアジア・パシフィック地域のセールス・マネージャーであるShaun Schuetz氏、およびアジア・パシフィック地域のヴァイス・プレジデントであるSteve Shade氏が来社し、同社の新製品、そして今後の展望などについて話してくれた。

Regional Sales Manager-Asia PacificのShaun Schuetz氏(右)とVice President, Asia Pacific SalesのSteve Shade氏(左)

■爆発的ヒットとなったDRAGONFLY

まず話題に上がったのが、AudioQuest初となるUSB-DACでありヘッドホンアンプでもある「DRAGONFLY」だ。この製品は同社にとって、非常に大きな意味を持っているという。世界的に予想を上回る評価を得た上に、欧米では「STEREO PHILE」「What's Hi-Fi」「Absolute Sound」などの専門誌でも高い評価を得た。オーディオ専門店はもちろんのこと、家電量販店でも好調な販売実績を記録した。

USB-DAC兼ヘッドホンアンプ「DRAGONFLY」

日本のモバイルフォン用ケースにヒントを得た「DRAGONFLAY専用ケース」というものも見せてくれた

「オーディオ専門誌の他にも、ローリングストーン誌やウォールストリートジャーナル誌といった一般紙でも記事として取り上げられたました。我が社の製品が一般層の大きなマーケットにリーチできたのは、初めてと言っていいでしょう。高性能な製品をリーズナブルな価格で提供できたことに、DRAGONFLYの成功の秘訣があったと思います」(Schuetz氏)

同社では、DRAGONFLYに続く製品もすでに検討されているという。詳細は明かされなかったが、両氏はそれがスマートフォン周辺の製品になることを示唆した。購入者がオーディオファンに限られているケーブルに加え、一般層に届く製品により力を入れていこうとする同社の姿勢が見て取れる。

Shade氏はDRAGONFLYのファミリーとなる登場を示唆

「現在、DRAGONFLYのファミリーとなる製品を考えています。コンピューターやヘッドホンはもちろん、さらにその先の新しいデバイス周辺のマーケットにもAudioQuestの名を広めていきたいのです。そういう意味で非常に重要な製品となるはずです」(Shade氏)

「アメリカのセールスマネージャーの娘が今13歳なのですが、DRAGONFLYが欲しいと言ったそうなのですよ。私の欲しいものをパパの会社が作ってるなんて初めてだね、と言っていたそうです(笑)」(Schuetz氏)

「USB 3.0」対応ケーブルを投入予定

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事