トップページへ戻る

レビュー

HOME > レビュー > レビュー記事一覧

2019年04月10日
ストリーミング再生可能なプリメイン

Amazonから本気の “オーディオ製品” 登場!「Echo Link Amp」を早速聴いた

折原一也

前のページ 1 2 次のページ

本日4月10日、アマゾンジャパンが「Echo Link」および「Echo Link Amp」の国内発売を開始した(関連ニュース)。

「Echo Link」¥24,980/税込

「Echo Link Amp」¥36,980/税込

この2モデルは、Amazon純正のAlexa対応スマートスピーカー「Echoシリーズ」のラインながら、 “アンプ” を内蔵するオーディオ機器として活用できるモデルだ。Echo LinkはAlexa対応プリアンプ、Echo Link AmpはAlexa対応プリメインアンプ、と呼ぶこともできるだろう。

「Echo Link」(左)と「Echo Link Amp」(右)

ともにストリーミング再生が可能なため、Amazon MusicやSpotifyなどを聴くためのシステムを構築するにあたり、「すでにパワーアンプを持っている、もしくはアクティブスピーカーを利用している」ユーザーはEcho Linkが、「パッシブスピーカーを使っている、またはイチから安価なシステムを構築したい」といったユーザーはEcho Link Ampが選択肢になるわけだ。

本記事では2機種のうち「Echo Link Amp」にスポットを当てて、その実力をチェックしたい。

Echoシリーズと連携するネットワーク機能内蔵プリメインアンプ

まず、Echo Link Ampの基本的な仕様を確認したい。本体サイズは217x242x86mmとコンパクトで、デスクトップなどでも利用できる。カラーはブラックで、天板はパンチングメタル風(素材はプラスチック)に仕上げられている。ボリュームノブをセンターに配したデザインは、Hi-Fiオーディオ的なルックスといえる。

天板はパンチングメタル “風”

オーディオ機器として見ると、先述の通りAmazon Echoシリーズと連携するネットワーク機能内蔵のプリメインアンプということになる。内蔵アンプは60W×2チャンネルのClass Dデジタルアンプで、ステレオのスピーカー出力を搭載(8Ω)。アンプの仕様などはAmazonの販売サイトに詳細スペックが公開されている。

Echo Link(上)とEcho Link Amp(下)のシステムイメージ

ホームオーディオとの接続については、RCAアナログ入出力、光/同軸デジタル入出力をそれぞれ1系統搭載しており、CDプレーヤーなども接続可能。さらにサブウーファー出力、3.5mmヘッドホン出力(アンプはTPA6120A2を内蔵)まで用意する。ネットワークとの接続は内蔵Wi-Fiに加え、LAN端子経由で有線でも行える。

背面に端子部を備えており、アナログRCAおよび光デジタル/同軸デジタルの入出力端子を搭載する

一般的なオーディオ機器にあって、Echo Link Ampにないものもある。ボリュームノブと背面のSETUPボタンのほかには、電源を含めたボタン類がなく、電源コードを繋ぐと、常に電源オンの待機中の状態になる。ディスプレイも非搭載で、入力切り替えボタンも搭載していない。さらにはリモコンさえ付属していないのだ。動作を確認してみたところ、常時外部入力はアクティブになっており、同時に再生を行うとネットワーク再生が優先される形のようだ。

本体に搭載の操作系は背面のSETUPボタンと、前面の音量調整が可能なダイヤル式ノブのみ

また勘違いしやすいことだが、Echo Link Ampはマイクを内蔵しておらず、Alexaによる音声操作を受け付ける機能はない。音声操作は「Echo Dot」など外部機器と連携して行う。そういった意味でも、本機はEchoシリーズと連携した “コンパニオンデバイス” という位置づけなのだ。

Echoと同じように「Alexa」アプリからセットアップ

Echo Link Ampのセットアップの流れも紹介しよう。iOS/Androidの「Alexa」アプリから “デバイスの追加” を選び、 “Amazon Echo” のグループから “Echo Link Amp” を選択。Echo Link Ampの電源を入れるとセットアップモードになるので、あとはBluetooh経由で検出して、Wi-Fi登録やグループ設定を実行し、メインスピーカーに指定すれば完了。このように、基本的にはEchoスピーカーのセットアップと同じなので、迷うことなく進められるだろう。

「Alexa」アプリから “デバイスを追加” で「Echo Link Amp」を選択

「Echo Link Amp」をセットアップモードに切り替える


アプリから「Echo Link Amp」を登録

グループのメインスピーカーに指定しておく

Echo Dotと連携させる場合は、Echo Dotと同じグループに設定すればいい。Echo Dotに「Alexa、○○(曲名、アーティスト、アルバム等)を再生して」などと声をかけると、Echo Dotの音声応答と同時にEcho Link Ampから再生がスタートする(つまり音声応答が曲の頭に被るが、それはご愛嬌)。

似たような構成は、例えば「Echo Input」とプリメインアンプを組み合わせることでも実現できるが、これだとプリメインアンプ側の入力は常にEcho Inputに合わせておかないといけない。Echo Link Ampによって、Alexaシステムの幅はさらに広がるといえる。

6万 - 340万のスピーカーと組み合わせてみる

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事

新着クローズアップ

クローズアップ

アクセスランキング

4/24 10:01 更新
1
携帯電話番号でLINEのようなやりとりができる「+メッセージ」に機能追加。企業の公式アカウントとやりとり可能に
2
ペア10万円以下スピーカー一斉テスト(後編) ベストバイ決定! B&WやJBLなどの実力機が登場
3
ソニー、4K液晶テレビ「ブラビア X8000G」。4Kチューナー省略などで手頃な価格実現
4
「ゆうちょPay」が5月8日に開始。口座登録で現金500円がもらえるキャンペーンも
5
英B&W、独自メッシュワイヤレス技術搭載スピーカー「Formation」5機種。805D3似の「Duo」など
6
Anker、iPhoneを約1時間早く充電できる急速充電器。USB PDの上限100W出力対応
7
ビックカメラ、GWに「令和」記念イベント。「令和」初日にはお得な「福箱」販売も
8
ソニー、最上位4K有機ELテレビ“ブラビアMASTER”「A9G」。4Kチューナー内蔵/画音質強化/Apple連携も
9
ソニー、スタンド高を選べる4K有機ELテレビ「ブラビア A8G」。4Kチューナー非搭載で低価格化
10
パナソニック、UHD BD&全録対応レコーダー“DIGA”「UBX8060」など5機種。アプリ強化で操作性向上

音元出版の雑誌はオールカラー! 最新号一覧定期購読なら発売日に毎号お手元にお届けいたします!*

オーディオアクセサリー172号
詳しい内容
Amazonで購入
定期購読
ホームシアターファイル 88号
詳しい内容
Amazonで購入
Fujisanで購入
プレミアムヘッドホンガイドマガジン Vol.11
詳しい内容
Amazonで購入
Fujisanで購入

*地域や配達事情により、発売日より若干遅れる場合もございます。到着日は弊社販売部にお問い合わせください。