HOME > レビュー > MCUでおなじみ!ジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主演のハートフルコメディ

【第39回】ミヤザキタケルの気軽にホームシネマ

MCUでおなじみ!ジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主演のハートフルコメディ

2022/12/02 ミヤザキタケル
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
サブスクで映画を観ることが当たり前となりつつある昨今、その豊富な作品数故に、一体何を観たら良いのか分からない。そんな風に感じたことが、あなたにもありませんか。本コラムでは、映画アドバイザーとして活躍するミヤザキタケルが水先案内人となり、選りすぐりの一本をあなたにお届け。今回は2014年製作の『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』をご紹介します!

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014年・アメリカ)
(配信:Netflix / U-NEXT)

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 デジタル配信中 Blu-ray 1,980円(税込)/DVD 1,408円(税込) 発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『アイアンマン』シリーズの監督や『アベンジャーズ』シリーズの製作総指揮を務めるほか、スパイダーマンを支えるハッピー役でもおなじみのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主演を務めるハートフルコメディ。SNSの炎上騒ぎでLAの有名レストランをクビになった料理人・カール(ジョン・ファヴロー)。元妻と10歳の息子と訪れたマイアミで食べたキューバサンドの味に驚き、フードトラックでの移動販売を思いつく。かくして、息子と料理仲間3人で再起をかけた移動販売の旅へと出ることに…。

© 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved.

2014年の作品であるため、Twitterが主たるSNSとして扱われている点に時代の流れを感じるかもしれないが、SNSを利用する上で起こり得る様々なメリット・デメリットを描きつつ、料理の魅力、旅の中で築かれていく親子の絆が見ていて小気味良い本作。

© 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved.

作品規模としては低予算映画ながらも、ファヴローの手腕や人望により、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソンらが脇役として出演。多くを失った男の心が徐々に変化していく様を通し、たとえドン底に落ちようと、人生には再起のチャンスがあるのだという前向きなメッセージが込められた快作になっています。

© 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved.
※本稿記載の配信サービスは執筆時点のものになります。

ミヤザキタケル
1986年生まれ、長野県出身。2015年より「映画アドバイザー」として活動を始める。 WOWOW・宝島社sweet・DOKUSOマガジンでの連載のほか、ラジオ・配信番組・雑誌などで映画を紹介。イベント登壇、MC、映画祭審査員、BRUTUS「30人のシネマコンシェルジュ」など幅広く活動中。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE