HOME > レビュー > iPhoneで撮った「4K/ドルビービジョン」動画、テレビで見るとどうなる?

【連載】ガジェットTIPS

iPhoneで撮った「4K/ドルビービジョン」動画、テレビで見るとどうなる?

2022/06/27 海上忍
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
最新のiPhoneはビデオ撮影機能が充実していて、iPhone 12以降ならば「4K/Dolby Vision」での撮影もサポートされています。

Image:nnattalli/Shutterstock.com

もちろん再生もOKで、iPhone搭載のSuper Retina XDRディスプレイであれば、高コントラストな映像を楽しめます。しかし、映像はできれば大画面で見たいもの。高品質な映像であればなおさらです。

とはいえ、iPhoneで撮影した4K/Dolby Visionムービーを薄型テレビで忠実に再生するのは、ハードルが高いかもしれません。Dolby Visionに対応したテレビはまだまだ少数派ですから、そのままiPhoneのディスプレイで再生したときと、印象が異なることは覚悟しておくべきでしょう。

その原因は、Dolby Visionならではの情報量です。iPhone 12以降で4K/HDRムービーを撮影すると、HDRの標準規格であるHLG/HDR10に従って輝度情報を記録しつつ、Dolby Visionの規格に従うメタデータを付加します。そのムービーをDolby Visionに対応しない映像機器で再生すると、メタデータ部分が失われてしまうため、印象が違って見えるというわけです。

ドルビービジョン撮影する際は設定の「カメラ」から「HDRビデオ」をオンにしよう

Dolby Visionで撮影されたムービーは、フレームごとにメタデータを付加することで、つど最適な表示が可能になります。ですから、iPhoneで見たときと輝きが違う、光がキラリと反射する金属っぽさが薄い、という印象を受けるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE