HOME > レビュー > 汚れ落としスポンジ、デジタル機器に使ってもいい?ダメ?

【連載】ガジェットTIPS

汚れ落としスポンジ、デジタル機器に使ってもいい?ダメ?

2021/10/28 海上忍
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
スーパーやドラッグストアの日用品コーナーで見かける、強力汚れ落としスポンジ。サッとひと拭きするだけでしつこい汚れを落としてくれそうな、その力強い名前につい期待してしまいますよね。確かに、フライパンや鍋のこびり付きには効果てきめんですから、デジタルガジェットにも使ってみようかな、そう考えるのも無理はありません。

しかし、強力汚れ落としスポンジをデジタルガジェットに使うのは避けましょう。電気が通る部分を擦らないかぎり故障することはありませんが、せっかくの輝きや微妙な光沢が台無しになる可能性大だからです。

強力汚れ落としスポンジをデジタル機器に使うのは避けましょう

強力汚れ落としスポンジの多くは、いわゆるメラミンスポンジ。とても硬いメラミン樹脂を細かく発泡させ、無数の網目を形成しています。消しゴムのように擦ると、網目部分が削れながら汚れをかき出すというわけです。

問題は、その硬さです。鉱物の硬度を表す指標として利用されているモース硬度でいうと、メラミンフォームの硬さは「4」。ガラスは5、ステンレスは5〜6程度とされているから水回りの掃除には問題なく使えるけれど、銅(3.5)やプラスチック(3以下)に使うとキズがつくこと確実です。

デジタルガジェットの部材はさまざまな材質で構成されているうえ、サンドブラストや梨地などの表面加工が施されているため、ひとくちにいうことはできませんが、メラミンスポンジで擦ると細かなキズが付き、光沢が失われるなどトラブルを招く可能性大です。汚れはほかの方法で落とすほうが無難でしょう。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE