【連載】ガジェットTIPS

充電だけじゃない、「MagSafe」の便利な使い道とは?

  • Twitter
  • FaceBook
海上忍
2021年02月22日
iPhone 12の新機能「MagSafe(マグセーフ)」は、磁石と磁気センサーにより外部機器との正確な位置合わせを可能にします。ワイヤレス充電器は置き場所が充電効率に大きく影響するため、サッと置くだけで完璧な位置でチャージを開始してくれるMagSafeは頼もしい存在です。

「MagSafe」

しかし、MagSafeの磁石という側面に着目すると、ワイヤレス充電器だけに使うのは惜しいような気もします。斜めに固定して寝そべりながらiPhoneを使いたい、クルマのダッシュボードに見やすい角度で固定したい、といったときにMagSafeを使えれば...MagSafe対応の読書台やダッシュボードがあれば重宝しそうですよね。

エレコムから発売された「MagSafe対応マグネットステッカー」は、そこに着目した製品です。表面にはiPhone 12シリーズとあわせた位置に磁石が配されており、裏面のシートを剥がし貼ったところへiPhone 12シリーズを固定すればOK。木目調やファブリック調など4タイプ/9アイテムがラインナップされていますから、好きな場所で利用できます。

エレコム「MagSafe対応マグネットステッカー」

たとえば、フレキシブルアームに貼ると便利に使えそうです。先端に取り付けられたクリップでスマートフォンを挟むタイプの製品が多数販売されていますが、クリップに薄い板を挟み込み、このMagSafe対応マグネットステッカーを貼れば、かんたんにiPhone 12シリーズを着脱できるアームに早変わり。用途はいろいろ、自分なりのアイデアで使ってみては?

関連記事