【連載】ガジェットTIPS

「Fire TV Stick」のACアダプタ、このアイデア商品でスッキリ!

  • Twitter
  • FaceBook
海上忍
2021年02月05日
HDMIポートに挿し込めば旧型テレビがスマートテレビに早変わり、しかも5千円前後からというお手頃価格で入手可能、ということで大人気の「ストリーミング端末」。AmazonのFire TV StickやGoogle Chromecastといった製品がありますが、NetflixやAmazon Prime Videoを視る目的で購入されている点は同じではないでしょうか。

そのストリーミング端末に悩ましい点があるとすれば「ACアダプタ」でしょう。ただでさえテレビ付近はコンセントが不足しがちですから、大ぶりなACアダプタが新規参入する余地などありません。延長コードや分岐タップで凌いでいる、という家庭も多いのではないでしょうか。

ストリーミング端末を導入してもテレビ周りをすっきりしておきたい、という願いをかなえてくれるガジェットは探せばあるもの。たとえば、Amazonで販売されている「Mission cables」。Fire TV Stick専用の製品ですが、独自のパワーブーストシステムによりテレビのUSBポートから給電するというアイデア商品です。

「Mission cables」

使い方はかんたん、製品のUSB-A端子をテレビのUSBポートに、micro-B端子をFire TV Stickに接続すればOK。それだけで、ACアダプタなしにテレビの電力でFire TV Stickが動作するようになります。初めて利用するときは10分ほど待たなければなりませんが、それ以降は存在を意識する必要なし、ごくふつうに使えます。

ただし、一部メーカーのテレビでは動作しないとのこと。Fire TV Stick 4K用とFire TV Stick(2K)用で別製品になっていることにも注意しましょう。

関連記事