【連載】ガジェットTIPS

テレビの「○○リンク」、他社製品とつなぐとどうなる?

海上忍
2019年12月05日
テレビにHDMI接続した機器をテレビのリモコンで操作できること、ご存知ですか? テレビ各社が「○○リンク」という相性で呼ぶ、あの機能です。

テレビを操作するときはテレビの、ビデオレコーダーを操作するときはビデオレコーダーの、などとリモコンを使い分ける必要がなくなるため、一度使い始めると手放せなくなります。

「AQUOSファミリンク」など、各メーカーごとに「◯◯リンク」が存在します

その「○○リンク」、異なるメーカーの製品を接続した場合には利用できないと解釈してしまいがちですが、必ずしもそうではありません。

リンク機能はHDMIが定めるCEC(Consumer Electronics Control)という規格に従い、機器間で制御信号をやり取りして互いを操作可能にするもので、そこではリンク信号について「共通コマンド」が決まっているからです。

共通コマンドであれば、どのメーカーの製品でも操作することが可能ですから、その点では互換性があると言っていいでしょう。

共通コマンドの例としては、ビデオレコーダー側の再生ボタンを押すとオンにすると、テレビの電源がオフの場合は自動的にオンになる機能(ワンタッチプレイ)、テレビの電源をオフにするとビデオレコーダーも連動してオフになる機能(システムスタンバイ)が挙げられます。異なるメーカーでもそれなりに使えることは確かです。

なお、あくまで「○○リンク」はCEC規格に基づくメーカー独自の相互連動機能です。共通コマンドという汎用的な部分はあるものの、多くの機能は各メーカーがオプションとして追加しているため、メーカーが対応を表明している製品同士でなければ利用できません。どの製品がリンク対応しているのか、購入前に確認しておくことがベストです。

関連記事