【特別企画】カッコ良さと次世代領域の音を両立

"先鋭"に"正統"をプラス。ローランド音質監修の“新生V-MODA”フラグシップヘッドホン「M-100 Master」を聴く

土方久明
2019年09月27日
 
高域の周波数限界が40,000Hzまで伸びたことで“ハイレゾ対応”に。ロゴも取得し、ケース右下に記されている

この記事の画像一覧


関連記事